本文の先頭へ
LNJ Logo 地下茎でつながる「ヘイト攻撃」にどう対抗するか/シンポジウムを開催
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1003sinpo
Status: published
View


地下茎でつながる「ヘイト攻撃」にどう対抗するか〜シンポジウムを開催

 10月3日、ネットを悪用した「ヘイト攻撃」をリアルタイムで受けている弁護士や労働組合のほか、大学教員やジャーナリストらが登壇したシンポジウムが、参議院議員会館で開催された。参加者は約80名だった。

 シンポジウムの終盤に登壇したジャーナリストの安田浩一さん(写真上)は「市民運動や労働運動が遅れていたのは、インターネットへ対応できなかったことではない。レイシズムに対する危機感だ。単に弁護士や、労働組合が攻撃されているならば個別の問題で済むこと。しかしこれは、私たちの社会へ向けられた問題。社会を壊す問題だ」と発言。日本国内で跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)している、すべての「ヘイト攻撃」が地下茎でつながっていると問題提起した。

 「私、ネットを悪用した『ヘイト攻撃』にさらされているんです」と冗談交じりに話したのは、長年ブラック企業問題に取り組んできた佐々木亮弁護士(写真下左)。1,000通以上もの大量の懲戒請求を受けた。これまで、朝鮮学校の無償化除外問題に関わっている弁護士へ、大量な懲戒請求が行われる事件が相次いでいた。しかし佐々木弁護士は朝鮮学校の無償化除外問題には、まったく関わっていなかったのに、懲戒請求が行われたのだ。

 弁護士への懲戒請求を扇動しているサイトが『余命三年時事日記』というブログだ。このブログは老舗の出版社・青林堂から書籍化されている。佐々木弁護士は、「ブログ主は否定しているが、大量の懲戒請求がなされたのは、青林堂との労働争議で私が弁護人をしているからかもしれない。この事件について『ひどい』とSNSに1度だけ記した嶋量弁護士(写真上右)へも大量の懲戒請求が届いた。この事態は、悪意にみちた殺到型不法行為。損害賠償請求できる形をつくりたい」と述べた。現在、訴状準備中だという。

 「一連の事件は、権力による明らかな意思がある。それは、たたかう市民運動、労働運動をつぶしていくというもの」と話したのは、全国コミュニティ・ユニオン連合会の鈴木剛会長(写真下)だ。全国ユニオンでは、青林堂との労働争議が続いている。青林堂は、全国ユニオンを誹謗中傷する書籍を、これまで2冊出版している。

 「青林堂が出版している『余命三年時事日記』をはじめ、『さよならパヨク』『マンガ 嫌韓流』の「ヘイト本」を、防衛省が購入している事実をつきとめた」と、三宅雪子・元衆議院議員は発言した。

 「抗議行動は『ゆすり、たかり』。要求は『強要』。ストライキは『威力業務妨害』。告発が『恐喝』。それでは、労働組合はいったい何をすればいいんだ」と憤ったのは、全日本建設運輸連帯労働組合(以下、全日建)の小谷野毅中央本部書記長。

 昨年2017年12月、全日建は関西全域でストライキを実施した。理由は、大阪広域生コンクリート協同組合(以下、大阪広域協)と交わした2年越しの約束を履行することと、協同組合の民主的な運営を求めるもの。地道な労働運動の成果で、関西地区での生コンの売価は約5、000円が値上がりした。生コン工場は潤ったにも関わらず、運賃は上がっていない。運賃が上がらないと、運転手の給料も上がらず、困るからだ。

 2018年1月から、「ゆすり、たかりのプロ集団」「組織犯罪」「不正な金の流れ」といったデマ宣伝が始まった。その先兵・露払い役を行っているのがレイシスト、瀬戸弘幸氏や渡邊臥龍氏らだ。彼らは、労働組合事務所を襲撃し、全日建と労使関係のある企業にも押しかけ「全日建と手を切れ」と大声でアピールする。そして、その様子を映像で収め、ネットで動画を頻繁に公開している。

 最近では、これに便乗する形で、武建一委員長をはじめ20名の労働組合員が逮捕された。理由は「抗議行動」「要求」「ストライキ」など、労働組合活動を行ったからだ。憲法28条で保障されている、ストライキや労働組合活動が「事件化」されているのだ。

 「リアルなヘイトデモや、ネット上での差別扇動。組合活動をしている人たちは、瀬戸弘幸氏や渡邊臥龍氏の実情を知らなすぎた」と述べたのは、精神科医の香山リカさん(写真)。

 香山さんは「エコーチェンバー現象」についても解説した。「エコーチェンバー現象」とは、SNSにおいて、価値観の似た者同士で交流し共感し合うことにより、特定の意見や思想が増幅されて影響力をもつ現象のこと。攻撃的な意見や誤情報などが広まる一因ともみられている。つまりは、ネットを使ったデマの拡散が非常に効果的であるということだ。

 紙の新聞をまったく読まず、ネットやアプリから情報を得ている人々が、この社会にはたくさんいる。メディアリテラシーがない若者や、iPadなどを手にしたばかりの中高年が、デマを信じて突き進んでしまう、恐ろしい現象だ。

 これからの市民運動・労働運動は、レイシズムに対する危機感を強く持ちながら、ネットメディア上での影響も重要視していく必要があると、強く感じさせるシンポジウムだった。(土屋トカチ)


Created by staff01. Last modified on 2018-10-05 15:45:58 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について