本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜寛容な改革保守とは、9・28臨時国会開会日行動
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1506598279052sa...
Status: published
View


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、
 ・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」
の渡部です。
===========================

小池の「希望の党」の登場で、
中間政党の「民進党」や「自由党」は風前の灯になっている。

ところで、小池は「寛容な改革保守」と述べ、「日本をリセット」すると述べた。
「改革」と「保守」を並べて、一体何を言っているのかわからないようだ。
しかし、彼女が「国家金融独占資本」の代理人だと分かれば、
その意味は分かって来る。

戦後の「冷戦期」には、「資本主義」と「社会主義」の二大陣営があった。
しかし、「社会主義」陣営は行き詰まり、
「資本主義」陣営が勢いを盛り返してきた。
その頃によく言われた言葉に、
「ネオコン」と「ネオリベラリズム」というのがある。
前者は「新保守主義」であり、後者は「新自由主義」である。
要するに、社会主義が行き詰まり崩壊した後の資本主義を
導くイデオロギーとして、
前者は「社会主義以前の資本主義「」に戻ることを意味し、
後者は「社会主義崩壊後の資本主義」を意味している。
つまり、どちらも「資本主義」体制という事では同じであり、
小池が述べた「改革保守」とはその両者を表現しているのである。

だから「民進」の前原などは
どうしても「共産党」とは一緒にならず、他の中間政党も同じである。
むしろ、彼らはイデオロギー的には安倍や橋下と同じでなのある。

したがって、「希望の党」は、日本社会が
資本主義の新たな段階(国家金融独占資本主義段階)に達する中で、
その政治的代理人になろうとしているのである。

小池は「首都東京を一大国際金融都市」にするという。
ということは、彼女は「国際資本」をどんどん日本に入れるということだ。
彼女は、中東諸国の国際語ともなっている「アラビア語」と
国際語である「英語」を駆使して、
金満アラブや世界中から国際資本を集めようとしているのである。
そして東京をイギリスのシティやアメリカのウォール街の
ような街にしようとしている。
すでにそのため、東京駅周辺の再開発はどんどん進められ、
「英語村」まで作られようとしている。

国際金融資本の立場に立った視野という点では、
地域的な「しがらみ」が多く世襲議員なども多い
自民党なとは時代遅れになりつつあるのかもしれない。

そうして彼女は、「日本をリセット」して
国際資本が自由に商売できる社会を作ろうとしている。
これが彼女のいう「(国際資本に)寛容な改革保守」の中身である。
要するに日本の人々は、国家と結びついた国際金融独占資本によって、
労働基準法や社会保障法関連法を骨抜きにされ、
多くの者が非正規低賃金で働かされ、搾取されることになるだろう。

社会主義の歯止めがない中での
「賃金奴隷制社会」の復活到来である。
長時間残業の容認や出来高払い制は「工場法」(1833年)以前の
イギリス社会への逆戻りである。(日本では1916年。空文化)。
しかもこれはすでにアメリカをはじめ、
多くの先進資本主義諸国で現在進行しつつある。

したがって、「希望の党」は決して野党ではない。、
また、国家金融独占資本の代理人という点ではアベと共通している。
つまり、由って立つ基本的な政治的・経済的・イデオロギー的立場において
共通しているのである。それぞれが補完勢力となっているともいえる。
だから彼らに合流することは大政翼賛会に合流することと同じである。、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^

本日(9月28日)、臨時国会冒頭解散という暴挙が行われた。
これに抗議するために、12:00〜13:00、衆院議員会館前にて
総がかり行動実行委員会による
「憲法9条を変えるな!党利党略解散抗議!
             9・28臨時国会開会日行動」
が行われ、1,300人が結集した。

そこでは
 禺由党・森裕子参院議員>
◆禺厂嬰沺κ‥膺霾羯憶ゝ聴>
<共産党・志位和夫委員長>
が挨拶、<民進党>の挨拶はなかった。
これは出来なかったということだろう。

しかも、民進党の前原代表は「希望の党」に合流する意向を
表明したという。
これは何よりも、「野党共闘」を支えてきた市民大衆に対する
裏切りであり、支配階級に寄り添って行ったという事である。
彼がいかに「アベを倒すため」などと言っても、
これまで民進党に多くの苦汁を味わされてきた
市民大衆は騙されないだろう。
「やはり、そうだったか。裏切者!」と言うだけだろう。

,凌控聴の発言も、「希望の党」には触れず、
 ただ、「政権交代につながる。アベの独裁か民主主義か」
 などと曖昧なものだった。

△諒‥莎聴は「希望の党」に触れて、
 「憲法改正を掲げる小池は安倍と一緒だ。
 秘密保護法、戦争法に賛成してきた。
 大政翼賛会に流し込む歴史をつくってはならない。
 今日国会前に来ている人々と共に野党共闘を作り上げてきた。
 リベラル勢力の結集を。市民の力で自由と民主主義を作ろう。
 国会議員だけが政治をやるのではない。」
と述べました。

の志位委員長は、
 「冒頭解散は暴挙だ。これほど横暴なやり方はない。
 3ヶ月以上も野党の臨時国会開催要求を放り投げておいて。
 アベを退陣に追い込む選挙だ。最大の争点は安倍自身だ。
 『希望の党』と『民進』が合流を表明した。
 『希望の党』はその顔ぶれを見てもわかる。
 元自民党やウルトラ右翼もいる。
 自民党の補完勢力としか言いようがない。
 安保法制を容認、9条改憲を狙う。共闘は全く不可能だ。
 市民と野党との共闘を推進していきたい。
 どのような状況になっても共闘の道を進もう。
 社民と共産は出来る限りの一本化を進めことで共に闘う事になった。
 「市民と野党の共闘」はそう簡単にはつぶれるものではない。

その後、以下のような発言がありました。
ぁ稻\大学教授・山口二郎さん>
 「希望の党と民進党の合意で頭を抱えてしまった。
 しかし、全国各地では共闘が進んでいる。
 やり抜かなければならない。」

ァ祕打楡治にNO!東京地域ネットワークのOさん>
 「小池新党はとんでもない。
 この間築き上げた政策を大事にして臨む。
 地域でアベを倒すために活動を続けてきた。
 一番信じてい入るのは、ここにいるような人々だ。
 どう政党が変わろうと、信じられる仲間と一丸となって闘おう。」

Α磴弔覆芦馗命のSさん>
 「私たちは実戦部隊だ。だから何らかの選択をする。
 また選挙を正面から闘う。
 71地区の小選挙区で共闘ができつつある。
 会として推薦できないとなっても、個人として判断してやる。
 市民は政治を諦めない。」

А稙本消費者連盟のOさん>
 「『希望の党』、よう訳が分からない。
 しかし『反共』という事ははっきりしている。
 歴史を見ると、『反共』では自由も人権も平和も守れない。

最後に、<「総がかり」の福山さん>が
次のようなことを述べ、行動提起をした。
 この間少し逆流が起きてきた。
 「市民連合」もここに来て暴風雨の中二突入した。
 しかし、闘いを後退させてはならない。
 これまでどうり、「9条改憲反対」、
 「秘密保護法・安保法制・共謀罪の白紙撤回」。
 これらの政策の実現である。傍観者になってはならない。

 その為に大衆運動を大きく盛り上げ、国会を包囲し、 
 安倍政権を打倒する。
 10月4日(水) 日比谷野音で、18:30〜、沖縄連帯集会
 10月19日(木) 国会議員会館前で、18:30〜 19日行動
 11月3日(金)(文化の日) 14:00〜 10万人で国会大包囲行動
 また、現在、3000万署名運動が行われている。 
 
アベは解散に当たり「国難突破解散」などと述べた。
そして日本社会は、戦前の「大政翼賛会」の再来のような
状況になってきている。
しかし、大政翼賛会は1940年から45年までしか続かず、
当時の体制は破綻した。
ということは、今また、日本社会の行き詰まりは、
相当の所まで来ているということだろう。

今度こそ(市民=労働者・勤労人民)の出番である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
       『10・24都教委抗議・要請行動』
 <日時・場所>2017年10月24日(火) 15時〜17時
        15時〜15時40分 都庁第一庁舎前で抗議行動
        16時〜17時    都教委への要請行動
 <スローガン>
    ・10・23通達撤廃! ・若者を戦場に送るな!
    ・「日の丸・君が代」強制・処分反対!
    ・道徳の教科化反対! 国家は道徳を強制するな!
    ・国威発揚の「オリンピック・パラリンピック教育反対!
    ・教育の軍事化を許さない! ・憲法改悪反対!
    ・自衛隊と教育委員会・学校との連携をやめよ!
    ・日米軍事同盟反対!共謀罪廃止!
    ・天皇制強化の代替わり反対!
    ・教職員・生徒への管理強化と不当弾圧を許すな!
 <主 催>都教委の暴走を止めよう!都教委包囲首都圏ネット
        (連絡先) 090−5421−9194
 *都教委への「抗議文」「要請書」等もって来られる
   団体・個人、大歓迎です。
   もちろん、それが無くても参加出来ます。
==================
【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
==================
対米従属で「世界征服」を夢想するデマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
==================
(このメールはご迷惑を承知で多くの方々に発信します。
ご迷惑な方は止めますのでご連絡ください。)
**************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
        http://houinet.blogspot.jp/
「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
      http://hinokimitcb.web.fc2.com/
「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト
      http://hinokimi.web.fc2.com

Created by sasaki. Last modified on 2017-09-28 20:31:19 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について