本文の先頭へ
LNJ Logo マイケル・ムーア監督:今するべき5つのこと
Home 検索
 


「驚いた」、「ショックだ」と言うのはやめないか。そんなことを言うのは、君が泡の中に生きていて、まわりの人たちのことやその人たちの絶望に見て見ぬふりをしていたことを告白しているだけだ。・・・早くからトランプ候補の勝利の可能性を指摘し、警鐘を鳴らしてきたマイケル・ムーア監督のコメントです。アメリカ・リベラリズムの立場からのコメントなので、若干違和感のある箇所もありますが、分析としては的確です。少し「超訳」気味ですが、マイケル・ムーアの苛立ちと希望が簡潔に伝わるコメントだと思います。(翻訳=喜多幡佳秀)

+++

マイケル・ムーア監督:今するべき5つのこと

In These Timesより

http://inthesetimes.com/article/19613/michael-moores-donald-trump-won-things -to-do-now

1. 民主党を接収して、人々の手に返すんだ。これだけわれわれを裏切ってきたんだから。

2. メディアに登場し、言いたい放題言って、反論に耳を貸さず、現実に起こっていることを認めてこなかったすべての物知り、予言者、世論調査屋、その他の者たちはクビだ。このお調子者たちは今度は「今は分裂の傷をいやす時だ」とか「さあ、もう一つになろう」などとお説教するのだろう。

3. 民主党の国会議員で、今朝目覚めた時に、この8年間毎朝、オバマ政権に喧嘩をしかけ、抵抗し、邪魔することを決意して目覚めてきた共和党員と同じぐらいの決意を固めていなかった者たちは、ちょっと下がって、道を譲ってくれないか。今始まろうとしているロクデモナイことや、トンデモナイことを止めようと決意している人たちに。

4. 「驚いた」、「ショックだ」と言うのはやめないか。そんなことを言うのは、君が泡の中に生きていて、まわりの人たちのことやその人たちの絶望に見て見ぬふりをしていたことを告白しているだけだ。何年も両方の政党に見放されてきた人たちの間で、現在のシステムへの怒りと復讐心がたまりにたまってきたのだ。そこにテレビの人気者がやって来た。彼の計画は政党を破壊し、全員に「お前はクビだ」と宣告することだった。

トランプの勝利は驚きではない。彼は冗談を言っていたのではない。冗談だと高を括っているうちに彼は強大になってしまったのだ。彼はメディアが作り出したのだが、同時にメディアを作り出してきた。そしてメディアの手に負えなくなった。

5. 今日、君が会うすべての人に、このように伝えてほしい。「得票数ではヒラリー・クリントンが勝っている! 有権者の多数はドナルド・トランプよりもヒラリー・クリントンを選んだ。以上」。

今朝目覚めて、自分がひどい国にいると落ち込んでいるとしたら、そうではない。多数の人々はドナルドではなくヒラリーを選んだんだ。トランプが大統領に当選したのは、選挙人という不可解な、まともでない、18世紀に考え出された制度のせいなのだ。この制度を変えない限り、私たちは選んでもいないし、望んでもいない大統領を戴き続けるのだ。

この国の多数の人々が気候変動は現実であり、女性と男性の賃金は同じであるべきで、大学生や卒業生が借金地獄から解放されるべきで、他の国を侵略するべきではなく、最低賃金を引き上げるべきで、真の国民皆保険制度を望んでいるという意志を表明したのだ。そのことには何の変化もない。この国の多数は依然として「自由主義」の立場を支持している。それを実現する自由主義的なリーダーがいないだけだ。

今日はこの5つのことを実行しようではないか。


Created by staff01. Last modified on 2016-11-10 13:03:28 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について