本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜国会包囲に3万人
Home 検索
 


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」
・「日の丸・君が代」問題等全国ネット(準)
の渡部です。
==================
【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に
【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
===================
対米従属で「世界征服」を夢想する
    デマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
===================

安倍政権に対する支持率が落ちています。
昨日(6月23日)の「朝日新聞」には次のような記事がでました。
 「朝日新聞社が20、21両日に行った全国世論調査(電話)によると、
 安倍内閣の支持率は39%で、前回(5月16、17日調査)の45%から下落した。
 支持率の40%割れは昨年11月22、23日の調査以来で、
 第2次安倍内閣発足以降最低に並んだ。」
わずか1ヶ月余りで6%も支持率が落ち込みました。

これは明らかに6月4日の衆院憲法審査会に呼ばれた
3人の憲法学者が安保法制は「違憲」である
としたことが大きかったと思われます。

その後、全国各地で反対闘争が盛り上がっています。
昨日の沖縄慰霊の日の式典では、
翁長知事が「辺野古移設作業の中止」を求めたのに対し、
安倍首相は移設問題には全く触れることができませんでした。

本日の『6・24国会包囲行動』には3万人が結集しました。

国会包囲の参加者のために約60台もの
スピーカーが準備され、
国会正門付近で行われた集会での発言などは
全参加者にくまなく届き、
また、コールも国会を取り巻いた全参加者が一斉に
声を上げるという状況でした。

・戦争法案絶対反対!
・戦争法案今すぐ廃案!
・戦争する国絶対反対!
・9条守れ!
・安倍政権の暴走を止めよう!
・安倍政権は今すぐ退陣!
・国会会期延長反対!
・今すぐ閉会!
などの一斉コールが国会を取り囲みました。

以下発言要約です。
<共産党・志位委員長>
 安倍政権は会期末まで採決予定だった。しかしできなかった。
 一歩追い詰めた。いかに延長しても憲法違反は変わらない。
 直ちに廃案にすべきだ。
 国会で多数でも国民の圧倒的多数が反対すれば、
 おいそれと強行採決はできない。
 安倍首相には説明する力も論理も能力もない。
 国民の力で安倍政権を羽交い締めにしよう。

<社民党・吉田党首>
 95日間延長で「60日ルール」を使おうとしている。
 私は参議院議員だが、これは国会無視ではないか。
 233人の憲法学者が「違憲」といっている。
 「合憲」といっているのは3人だけだ。
 歴代の内閣内閣法制局長官も「違憲」と述べている。
 現内閣法制局長官は辞任すべきだ。
 安倍首相は「国民の命や安全を守るのが政治家だ」と言ったが、
 それで憲法解釈を勝手に変えていいのか。
 際限なく自衛隊の活動が広まる。
 今反対の大きな声が広がっている。絶対廃案に。

<生活の党と山本太郎となかまたちの山本太郎参議院議員>
 無理やり通そうとしている。安倍首相が2年間やり続けてきたことは
 大企業へのご恩返しの連続だ。戦争法案も経団連からのリクエストだ。
 武器輸出三原則の解禁などもそれだ。今度は、金儲けのために
 国民を戦場に連れて行く。貧困者は軍に流れてもらうというのだ。
 95日間延長、俺たちの夏休みを返せ!
 95日間、安倍政権を追い詰めよう。

<民主党の長妻衆議院議員>
 残酷な法案だ。安倍首相は集団的自衛権の行使容認から始まっている。
 官僚は合憲理論を組み立てた。
 しかし、歯止めを外してやりすぎだ。憲法の枠内をこえる。
 安倍首相は70年前の教訓について聞いても答えない。
 このまま通すのでは野党として断罪されかねない。
 この問題で国会では少数派だが国民の中では多数派だ。
 強行したら選挙に勝てないというようにしなければならない。

<作家の澤地久枝さん>
 安倍首相は感性がない。よく沖縄に行けた。
 今回のとりくみに多くの人々が呼びかけに応えてくれた。
 こころある日本人は安保法制はよくないと思っている。
 9月までの延長は暴挙もいいところ。いい戦争なんてどこにもない。
 選挙で安倍さんを引きずり下ろす。
 戦争する国にするかどうかは私たちにかかっている。
 命をかけて反対したい。

<作家・社会運動家の雨宮処凛さん>
 土曜日(6月20日)北海道では5500人の集会が持たれた。
 北海道は自衛隊と距離が近い。
 自衛隊員は雇用契約の一方的な変更を強いられている。
 「人殺しをしてお前は死んでこい」というような変更だ。
 米兵の話をきくと戦争は社会全体が壊れていくものだ。
 間違った戦争に連れて行かれて精神的な病になったものに、
 「お前はヒーローだ」という治療だ。
 これでは自殺者も増える。

<評論家の左高信さん>
 公明党はコウモリ党のようなものだ。彼らは「平和の党」と
 言っていたが、「戦争の党」でしかない。
 しかし、学会の支持者の中にはおかしいと思っている人たちがいる。
 公明党を動かそう。
 昔「軍国の母」いう歌が流行った。歌詞をみると、
 母親に息子を戦争に売らせろというような歌だ。
 公明党を許してはならない。

<日弁連の方>
 すべての弁護士が加盟する組織の3回の定期大会で、
 集団的自衛権の行使は「憲法違反、撤回しろ」という決議を上げた。
 憲法9条にはっきりと書いてある。
 これが通れば政府が勝手に何でもできるようになる。

<政治学者の山口二郎さん>
 95日間の延長について安倍首相は「しっかり審議したい」と言った。
 冗談ではない。審議を拒んできたのは安倍ではないか。
 「確信」というだけで議論は済まない。議会政治が崩壊している。
 議会の外で民主主義を。 
 ここまで追い込んだのは私たちの力だ。
 最後にもう一歩闘う。安倍が勝つか我々が勝つかだ。
 残り95日間、安倍の退陣、安保法制の廃案まで闘おう。

集会では最後に今後の行動計画が示されました。
・毎週木曜日は国会前連続行動 18:30〜19:30 衆議院議員会館前
・7月14日(火)18:30 日比谷野外音学堂集会とデモ
・7月26日(日)14:00 国会包囲行動・全国一斉総がかり行動
・7月28日(火)18:30 日比谷野外音楽堂集会とデモ
その他の予定はコチラ⇒http://sogakari.com/

今年の夏は暑い夏になりそうです。
お互い力を合わせて乗り切りましょう。

「夏川をこすうれしさよ手にぞうり」(与謝蕪村)

************************************************

「第5回『日の丸・君が代」問題等全国学習交流会」

<日時>2015年8月2日(日) 10:00〜16:00 
           (終了後
          <「日の丸・君が代」強制反対!若者を再び戦場に送るな!>
           の横断幕を掲げて銀座デモをします)
          8月3日(月) 午前 文科省交渉(予定)
<場所>日比谷図書文化館地下ホール
<内容>学習・交流と講演
  講演「戦争する国は学校からーいま教育とファシズムを考える」
  講師:池田浩士さん(ドイツ文学者評論家京都大学名誉教授
               ファシズム論の第一人者)
  10時開場10時20分開会
  昼食休憩後13時30分午後の部17時デモ行進
<資料代>500円
<主催>「日の丸・君が代」問題等全国学習交流集会実行委員会
「日の丸・君が代」強制反対予防訴訟をひきつぐ会 
再雇用拒否撤回第二次訴訟団
「君が代」不当処分撤回を求める会
河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会
東京都障害児学校労働組合
アイム'89東京教育労働組合
多摩島しょ地区教職員組合
「日の丸・君が代」強制に反対し子どもと教育を守る会
東京教育の自由裁判をすすめる会
板橋高校卒業式事件から「表現の自由」をめざす会
「日の丸・君が代」の法制化と強制に反対する神奈川の会
個人情報保護条例を活かす会(神奈川)
許すな!「日の丸・君が代」強制止めよう!安倍政権の改憲・教育破壊全国ネットワーク(準備会)東京
「君が代」強制解雇裁判をひきつぐ会 
都教委包囲首都圏ネット 
千葉高教組「日の丸・君が代」対策委員会

連絡先:永井(090−7015−3344)

<集会賛同の手続き方法>
賛同金は、団体1口2000円、個人1口1000円です。
ア. 郵便振替にてお申し込みください。
 ・口座番号は00110−5−449424、加入者名は「全国学習・交流集会」です。
 ・通信欄に、下記する団体・個人名及びその公表の可否を書き添えてください。
イ.現金手渡しの場合は、下記事項をご記入のうえ、実行委員にお渡しください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・切り取り線・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●2015「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会に賛同します。
賛同金: (   )口(        )円
(個人)氏名(           ): 氏名公表:可・否
          TEL:
(団体)団体名(                     ): 団体名公表:可・否
    代表者: TEL:

地図の入ったチラシが以下をクリックすると見られます。
http://homepage2.nifty.com/kaikosasenaikai/image/zenkokusyuukai20150802-03.pdf

***********************************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
http://houinet.blogspot.jp/

「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
http://homepage3.nifty.com/hinokimi


Created by sasaki. Last modified on 2015-06-25 09:28:12 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について