本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜木曜集会の声
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1433469430583sa...
Status: published
View


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」
・「日の丸・君が代」問題等全国ネット(準)
の渡部です。
==================
【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に
【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
===================
対米従属で「世界征服」を夢想する
    デマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
===================

本日(6月4日)、18:30より、
<戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会>主催の
『第三回戦争法案反対木曜日国会前集会』が開かれました。
この実行委員会は、
 \鐐茲鬚気擦覆1000人委員会 
 解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会 
 戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター
からなります。

18:00頃に国会前に着くと、様々なのぼり旗を掲げた
多くの人々が集まり始め、18:30頃には議員会館前の歩道は
ぎっしりになりました(最終主催者発表1400人)。

最初に、
「戦争法案絶対反対!戦争法案今すぐ廃案!
戦争する国絶対反対!戦争反対!9条守れ!
憲法破壊絶対反対!安倍政権の暴走とめよう!・・」
などのコール。

その後、連帯発言を含め11 人の方の発言がありました。
以下、簡単に紹介します。

 禺孫坩儖会を代表して高田健さん>
回を追うごとに参加者が増えている、前々回は900人、前回は1100人だった。
本日の衆院憲法審査会では、3人の参考人がいずれも法案は「違憲」と言った。
この中には与党が推薦した参考人もいた。自民党の議員の顔が引きつっていた。
戦後70年最大の危機だ。いま全力で国会を揺さぶることだ、
そのための共同闘争の枠組みができた。

◆齋鎧評論家の前田哲雄さん>
これが通れば日本の戦後は終わり、新たな戦前になる。
これまで我々は負け続けてきたが、その教訓も掴んできた。
今敗れれば何も残らない。
60年安保の時は17万人が国会を包囲したという。
そこに向けて是非奮闘しよう。

<〇〇共同センターの葛西さん>
いま女性たちが立ち上がっている。何かせずにはいられないと各地で。
高校生が一緒にチラシをまいたり、体験者も反対している。
きめつけ、すり替え、ごまかしの安倍首相に怒りが起きている。
戦闘地域に行くのにリスクは同じ?後方支援で武力行使はしない?
みんな嘘だ。誰が信じるか。
自民党が宣伝し始めた。これは自分たちの運動の成果だ。
我々の運動により、嘘に嘘をつくしかなくなった。
6月20日には女の平和第2弾、国会を包囲する、がある。

ぁ禧産党の大平よしのぶ衆議院議員>
憲法違反の法律、廃案に追い込むしかない。
米軍の武力行使に自衛隊が参加。リスクは高まる。
「後方支援」は日本の造語、一般には「兵站活動」と言われている。
攻められれば攻撃する、これは憲法違反である。
3人の憲法学者が違憲だと表明した。
与党議員は苦虫を噛み潰したような顔をしていた。
みんなで力を合わせて頑張ろう。

ァ禺厂嬰泙竜氾鎮蘆匯乙脹ゝ聴>
立憲主義を踏みにじる。廃案だ。
法案は国民にわかりにくくわざと複雑にしている。
ホルムズ海峡の機雷除去に関しても答弁が食い違う。
そもそも昨年7月の閣議決定そのものが憲法違反だった。
後方支援で自衛隊のリスクが高まるが、
国民からの批判が高まるのでそうは言わない。
3人の参考人もすべて憲法違反と言わざるを得なくなっている。
街頭演説をしていても今までと反応が違う。反対の声は高まっている。
あらゆる手段を尽くして声を上げよう。

Α稾閏臈泙猟垳祇業衆議院議員>
特別委員会で、中谷氏、岸田氏に対する質疑が、
30分も経たないうちに止まった。答弁が日によって変わるからだ。
野党は少数だが、積極的にいい加減な審議には応じられないとして止める。
力を合わせて、1分でも1秒でも、止める時はとめる。
「早く質問しろよ」のヤジは、自衛隊員の命の問題について聞いたいる時だった。
「おれに喋らせろ」と聞こえた。命を軽視し妄想に突き進むより、
年金記録をさきにやれと言いたい。
提案です、来週はここに、
一人がもう一人、再来週は二人連れてきてください。

А稙弁連の山岸さん>
3人の憲法学者が違憲と言った。
法律家であれば普通に考えれば憲法違反だ。
弁護士会では「戦争は最大の人権侵害」と言っている。
国が国民に殺し合いをさせる。これで人権が守れるのか。
国民は納得していない。7〜8割はわからないと言っている。
日弁連は頑張る。ともに頑張ろう。

─秣膤4年生のOさん>
若い人は怒っている。日本は戦後70年間戦争をしてこなかった。
それが歩みであり歴史だ。安倍首相は、日本人に誇りだとか、
愛国心だとか言うが、戦争する国にしようとしている。
ポツダム宣言についても答えられなかった。
どうかこの国の戦後の歴史、歩みに誇りを持ってもらいたい。
私は戦争しないこの国が好きなんだ。
この憲法は戦後の「夢」で、このプロジェクトは未完なのだ。
あと30年後、息子に「今年は戦後100年、戦争だけはしてはならない」と言いたい。
あと2ヶ月で戦争する国になると思うと、寝ても立ってもいられない。
毎週金曜日7時30分に若者で国会前抗議をしたい。
戦争なんていらない。安倍政権をやめさせなければいけない。

<大学教授の清水氏>
昨日、憲法研究者の「声明」を発表した。
5月からはじめ、声明案をつくり、手探りで連絡を取り合って、
昨日170人になった時点で発表した。1週間で170人になった。今も増えている。
安倍首相は憲法を知らない。そんな安倍さん、あなたが恥ずかしい。

<新聞労連で共同通信の荒崎さん>
戦争の足音が近づく。かつて新聞は戦争に協力した苦い経験をしている。
一部のメディアは安倍政権に利用されている。
しかし、その中では反対している記者もいる。
自分は沖縄出身だ。沖縄の民意を踏みにじる安倍政権は許せない。
戦争法案と一緒である。「秘密保護法」の悪影響が出ている。
政府関係者と酒を飲めなくなっている。話もできなくなっている。
この悪循環を止めなければならない。

<オール埼玉実行委員会の小出弁護士>
昨年7月の閣議決定に断固反対するという1点で結集している。
5月31日のオール埼玉総行動には一万人を超える大集会・デモができた。
このようなことは埼玉では初めてということだ。
赤ん坊を連れたお母さん、遠くから駆けつけた高齢者もいた。
「日本を戦争する国にしてはならない」、
「大切なブランドを捨ててはならない」、と述べていた。
日本をいつでもどこでも戦争できる国にする法案だ。リスクがないと言うが、
海外に派遣された自衛隊員のうち50人以上が自殺している。
これが戦争だ。法律が憲法を打ち壊している。下克上だ。
これを打ち破るのは国民の総行動しかない。
国民がしっかりしていれば戦争は起こりっこない。
手ごわい国民として本気で粘り強く、闘っていかなければならない。
オール埼玉からオール日本で葬り去ろう。(オール沖縄が最初かな:渡部)

最後に、実行委員会から、以下のような行動提起がありました。
〜換颪農訶繊⊇靆勝対話を大いに広げよう。誰でもこの運動に参加できるよう。
国会議員にも直接要請を。地元でも直接要請を。
A蹐かり行動に参加を。(といあえず6月24日まで紹介します)
  6月11日(木)18:30〜20:00 第四回国会前行動
    14日(日)14:00〜15:30 「6・14国会包囲行動」
    15日(月)〜19日(金)10:00〜17:00 国会前連続座り込み
      18日(木)は、18:00〜20:00 第五回国会前行動
    22日(月)〜24日(水)10:00〜17:00 国会前連続座り込み
      24日(水)は、18:30〜20:00 「6・24国会包囲行動」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本日3人の参考人が法案は「違憲」だと述べたことは、
安倍首相がどれだけ言い訳けをしても、
これまでの彼の答弁を根底から覆すようなものです。
嘘をつけばさらに苦しい嘘をつかなければなくなる。
デマゴギー安倍首相はますます追い込まれて行くでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「第5回『日の丸・君が代」問題等全国学習交流会」

<日時>2015年8月2日(日) 10:00〜16:00 (終了後銀座デモ)
           8月3日(月) 午前 文科省交渉(予定)
<場所>日比谷図書館文化会館地下ホール
<内容>学習・交流と講演
  講演「戦争する国は学校からーいま教育とファシズムを考える」
  講師:池田浩士さん(ドイツ文学者評論家京都大学名誉教授
               ファシズム論の第一人者)
  10時開場10時20分開会
  昼食休憩後13時30分午後の部17時デモ行進
<資料代>500円
<主催>「日の丸・君が代」問題等全国学習交流集会実行委員会
「日の丸・君が代」強制反対予防訴訟をひきつぐ会 
再雇用拒否撤回第二次訴訟団
「君が代」不当処分撤回を求める会
河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会
東京都障害児学校労働組合
アイム'89東京教育労働組合
多摩島しょ地区教職員組合
「日の丸・君が代」強制に反対し子どもと教育を守る会
東京教育の自由裁判をすすめる会
板橋高校卒業式事件から「表現の自由」をめざす会
「日の丸・君が代」の法制化と強制に反対する神奈川の会
個人情報保護条例を活かす会(神奈川)
許すな!「日の丸・君が代」強制止めよう!安倍政権の改憲・教育破壊全国ネットワーク(準備会)東京
「君が代」強制解雇裁判をひきつぐ会 
都教委包囲首都圏ネット 
千葉高教組「日の丸・君が代」対策委員会

連絡先:永井(090−7015−3344)

地図の入ったチラシが以下をクリックすると見られます。賛同についても書いてあります。
http://homepage2.nifty.com/kaikosasenaikai/image/zenkokusyuukai20150802-03.pdf

***********************************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
http://houinet.blogspot.jp/

「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
http://homepage3.nifty.com/hinokimi

Created by sasaki. Last modified on 2015-06-05 10:57:11 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について