本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜田中さんに再発防止研修
Home 検索
 


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」
 ・「日の丸・君が代」問題等全国ネット(準)
の渡部です。
==================
 【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に
 【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
======================
弱い者いじめのデマゴギー政治家・橋下徹を倒そう!
======================

本日(4月3日)、田中聡史さんの「再発防止研修」が行なわれました。
これに対する抗議・支援行動が都教職員研修センター前で行われ、
約60名が集まりました。

田中さんがセンターに入る前からシュプレヒコールが繰り返され、
集会では被処分者の会のHoさんが、
センター前に居並ぶ都教委の職員(10人)に対し次のようなことを述べました。
 
 「安倍首相は『戦争する国』に向かって5月にも戦争立法を国会に提出する。
 『日の丸・君が代』の強制はこの国をモノも言えない危険な国にする。
 田中さんへの再発防止研修もそれと一体のものであり、
 イジメ、嫌がらせ、人権侵害以外の何物でもない。
 教育破壊の先頭に立っている都教委に対し私たちは最後まで闘う。」

センターへの申し入れは、
「被処分者の会」・「解雇させない会」・「Hi弁護士」が行いました。
「Hi弁護士」は、次のようなことを述べました。

 「最高裁判決で減給以上の処分取り消しは数十件になっている。
 田中さんの減給も取り消されることになろう。
 係争中の件で、なぜ田中さんに再発防止研修をするのか。
 レッテル貼りである。不当な研修を即刻中止せよ。
 内心を問う違憲違法な研修をなぜ強行するのか。」

これに対し、センター課長は、全く答えず、
 「予定通り実施する。議論をするつもりはない。」との答え。
参加者からは、
 「官僚的・権力的対応で、一片の誠意も見られない。恥ずかしくないのか!」
 「センターには<教師が伸びる子供が伸びる  東京都教職員研修センター>
  という大きな垂れ幕が掛かっているが、やっていることは、全く反対のことだ!」
という声が上がりました。

また、都立高校の現場の実態を暴露する次のような声も上がりました。
 
 「生徒が軍隊みたいな学校で辞めたいと言っていた。
 生徒指導部長は、生徒たちを怒鳴り散らしていた。
 担任もちょっとしたことで生徒の胸ぐらをつかんで怒鳴っていた。
 今の学校は荒廃している。生徒の人権侵害、暴言暴力が横行している。
 そのことを校長に訴えても『生徒から苦情が来ていないので、何の問題もない』と言う。
 教員の人権も踏みにじられている。
 今の都立学校に言論の自由、民主主義はない。
 全部上意下達で、教員をロボットのようにこき使っている。
 意味のない事務仕事で朝の7時ころから夜の10時ころまで
 パソコンに向かって事務作業が強いられる。
 その象徴が『日の丸・君が代』だ。間違っている。研修はイジメだ。」

田中さんの研修は9時から12時過ぎまで行なわれました。
センターから出てきた田中さんは次のように述べました。
 「研修の内容は例年と同じだった。これは2004年の地裁決定に反している。
 地裁決定では、『行政はこういうこと(同じ様に転向をせまるようなことを繰り返すこと)
 はしてはならない』と述べている。<振り返りシート>が書かされたが、
 『地方公務員法にしたがって全体の奉仕者としてやっていく』と書いた。
 『日の丸・君が代』で侵略戦争が行われ多くの犠牲者が出た。
 起立ができないのは、公共の福祉から当然です。」
田中さんは気負いもせずに、あくまでも自然体でした。

集会には山谷の労働者の人たちも数名駆けつけ、
 「8回も処分されながら闘っている田中さんに、私たちも大きく励まされています」
と述べていました。

今回表面上は全都で「たった一人の反乱」になった田中さんですが、
田中さんは孤立していないことが本日も証明されました。
これからも再発防止研修は続きますが、
その度ごとに都教委や管理職の嫌がる抗議行動は続けられます。
私たちは持久戦を闘っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
都教委包囲首都圏ネットワークでは、
「道徳」の教科化に反対する討論集会を以下の要領で開きます。
趣旨に賛同される方は誰でも参加できます。一緒に考えませんか。

 『「道徳の教科化」に反対する討論集会』

<日 時>4月21日(火) 18:30〜20時30分
<場 所>杉並区立産業商工会館・講堂(3F)
      (JR:阿佐ヶ谷駅5分、地下鉄丸の内線:南阿佐ヶ谷駅3分)
<内 容>【報告】
        ・安倍教育再生と道徳の教科化の危険性
        ・現在の情勢
        ・道徳の本質・階級性とは何か?
       【討論】
<資料代> 500円 
********************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
http://houinet.blogspot.jp/

「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
http://homepage3.nifty.com/hinokimi

Created by sasaki. Last modified on 2015-04-03 22:49:59 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について