本文の先頭へ
LNJ Logo 写真報告 : 「三権の人事押えて思うまま」〜今年最後の官邸前金曜行動
Home 検索
 


「三権の人事押えて思うまま」〜今年最後の官邸前金曜行動


 12月25日、今年最後の官邸前金曜行動は177回目になる。福井地裁・林潤裁判長のクリスマスプレゼントは、4月に高浜原発の運転を差し止めた仮処分判決の取り消しだった。福島から来た男性は「判決は福島を忘れたもので絶対許せない。3.11当時の思いと決意を日本の国民はもう一度思い起こして欲しい」と呼びかけた。司法が鵜呑みにした関電の「安全」と、責任をとるという国の「責任」が、歩道の敷き詰められた銀杏の落ち葉よりも軽く見えた。その歩道に「三権の人事押えて思うまま」の川柳があった。福島の子どもたちに年間20ミリシーベルトの被ばくを我慢させよ、これが政府のとった「責任」ではないか。(shinya)

↓首相官邸前

↓国会正門前

 「原発事故もオラたちのことももう遠い昔のことのようになっているみてぇだ。一番悲しいのは、忘れられちまうだよない」「国はまるで責任を果たしてねぇベした。オラたちは見殺しにされでるみてえだ。声を上げねばなんねえとは思うんだげんど、なじょしたらいいもんだが、悶々どしてんだわい」。国会正門前で朗読をする「金カンデモグループ」


 福島から来た人


 伊方出身の人

↓希望のエリア

↓財務省坂上

↓経産省前

「希望の牧場・ふくしま」の吉澤正巳さんも駆けつけた


Created by staff01. Last modified on 2015-12-26 16:20:08 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について