本文の先頭へ
LNJ Logo 10月4日「東京平和映画祭」開催、『裁判所前の男』初上映など
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1004kokuti
Status: published
View


話題沸騰の『裁判所前の男』初上映!〜第12回東京平和映画祭 10/4に開催

 10月4日、12回目を迎える「東京平和映画祭」が川崎駅西口そばの「川崎市産業振興会館」で
開催される。上映作品は「わたしの、終らない旅」「裁判所前の男」「戦争のつくりかた」「泥の花」
「パパ、遺伝子組み換えってなあに?」「パワー・トゥー・ザ・ピープル」に加え、学生映像3本
「中国の2つの戦場」「GO VOTE」「練馬駐屯地で見たものは」もある。また木村草太氏の
憲法トークがある豪華プログラム。ドキュメンタリー映画「裁判所前の男」は、裁判所の闇を
描いた問題作として試写会でも話題沸騰の作品。「歪んだ民主主義が巣食う“裁判所”という名の
病棟の膿 を切り裂く。主演の大發気鵑了に衣着せぬキャラは、一寸『男はつらいよ』的哀愁を醸しつつ、
権力者のでたらめを打倒する凄さは感動であり、翻って私たちの人間としての魂を目覚めさせる。
力強い作品だ」との声が寄せられている。今回の映画祭で完成版の初上映となる。(M) 詳細・予約は↓HPから http://www.peacefilm.net/Film_Festival/tpff2015.html FBはこちら↓ https://www.facebook.com/peacefilm.net?fref=ts 内容は ●10時開映 ・今年3月公開:「わたしの、終らない旅」(監督挨拶あり) ・最新作:「裁判所前の男」(松原明さんと、主人公の大高正二さんのトーク)←本邦初映 です。DVD購入者のサイン会あり 「裁判所前の男」HP 学生映像リレー ・同朋高校放送部:「中国の2つの戦場」地方によって軍隊のあり方が違ったのはなぜか に、鋭く切り込んでいます。ビデオレターによる挨拶 ・SEALDsの前身、SASPLの作品:「GO VOTE」 選挙に行くことを促しています。 ・武蔵大学の学生の作品:「練馬駐屯地で見たものは」 大学のある練馬区の駐屯地の開 放日に、軽い気持ちで見学に行ったら……。 学生トーク ・「中国の2つの戦場:」ビデオレターによる挨拶 ・「GO VOTE」:玲作者のひとり、現SEALDsメンバーの元山仁士郎さん ・「練馬駐屯地で見たものは」:製作者のお一人、現TV映像関係で働く柳田香帆さん ・「戦争のつくりかた」 憲法トーク:木村草太氏 近著のサイン会あり ・「泥の花」:監督ビデオレターによる挨拶 運動のあり方を監督の目で、追求。 ・「パパ、遺伝子組み換えってなあに?」 子どもと一緒に、遺伝子組み換えを解き明か していく。 ・「パワー・トゥー・ザ・ピープル」 私たちは、今のままでいいのか、どんな未来を作 りたいのか。 ●20時20分 終映

Created by staff01. Last modified on 2015-10-01 18:53:56 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について