本文の先頭へ
LNJ Logo 写真速報 : 組合つくって声をあげよう!〜「レイバーネットTV」怒りと笑いと連帯と
Home 検索
 


組合つくって声をあげよう!〜「レイバーネットTV」怒りと笑いと連帯と

 有給を取得しただけで解雇された外国語教師、スレイマン・ブルキッチがつくったレイバーネットTV「やられたら やりかえせ! When hit, hit back!」が、9月23日放送された。「尊厳が傷つけられた。それでついに立ち上がった。闘いは楽しい。友達ができるし、連帯できる。我慢するのはやめよう!」とスレイマンさん(左)は熱弁。「アリさんマークの引越社」の実態を語ったのは西村さん(右)。仲間づくりをさせないために「酒を飲むな」「3人以上で麻雀するな」という就業規則まである「引越社」。裁判を起こした西村さんに対して会社は、「罪状」を書いた手配書を全社員に配布した。異常を通り越した超ブラック企業に「負けてたまるか」と西村さんは挑む。「集まる場所をつくるのがたたかいの第一歩」と語るのは全国一般なんぶの中島由美子さん。熱い討論の結論は「組合つくって声をあげること」だった。初のオープンチャンネルは、怒りと笑いと連帯に溢れた番組となった。(M)

放送アーカイブ(69分)

↓司会はスレイマン・ブルキッチさん(スレイマンのたたかい「レイバーネットTV64号」)

↓背景にはムンクの「叫び」

↓友常勉さん(東京外国語大学准教授)「日本には守られていない法律が三つある。建築基準法、道路交通法、そして労働基準法である」

↓介護職場ではたらく渡辺学さん「介護の職場もひどい」

↓スレイマンお気に入りのポスターも

↓全国一般なんぶ書記長の中島由美子さん「中小企業の組織率はビールの度数よりも低い。組合が広がらないのは社会的圧力があること、長時間労働で余裕がないことなどが原因。でも組合をつくることからしか始まらない。なんぶは一人でも入れる組合です。ぜひ相談に来てほしい」

↓「アリさんマークの引越社」の実態話にスタジオも驚いた

↓これが問題の「手配書」掲示物

↓シンガーソングライター岩井里樹さんは「希望絶望」を歌い上げた 動画(ここから)

↓「バラッドショット」(岩井さんはメンバー)のCD紹介

↓スレイマンさんがお勧め。闘うための本「来たるべき蜂起」

↓最後は「がんばろう!」でしめた

↓恒例の記念撮影

●レイバーネットTV次回放送はレギュラー番組で、10月14日(水)午後8時〜9時30分、「マイナンバー」から身を守る方法(仮)をお送りします。

*写真撮影=小林未来


Created by staff01. Last modified on 2015-10-14 23:04:17 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について