本文の先頭へ
LNJ Logo 「8.30」に向けて精一杯動きはじめた!〜第14回「戦争法案反対国会前集会」に2300人
Home 検索
 


「8.30」に向けて精一杯動きはじめた!〜第14回「戦争法案反対国会前集会」に2300人

8月20日(木)、雨模様にもかかわらず14回目の総がかり木曜行動「戦争法案反対国会前集会」には、前回を上回る2300人が集まった。「アベ政治を許さない」の言葉を日本語・英語・中国語・ドイツ語の4ヶ国語で掲げて訴える人。「安倍晋三亡霊岸にとりつかれ」と川柳で訴える人。「学問と良識の名において戦争法案、絶対廃案」の真っ赤なプラカードも初めての登場だ。そして、この日記者会見した東京の教員グループ「Tolds」の人もいた(写真)。「参院会館前連続30時間座り込みアクション」のグループは、ブルーシーツを敷いて座りこんでいる。いま重要局面を迎え、人々はそれぞれ多様に精一杯動きはじめた。集会で主催者は「安倍を追いつめているが、まだ廃案への決定打にはなっていない。8月30日の10万人国会包囲行動の成功に全てがかかっている」と必死に訴えていた。国会前歩道を埋めた参加者もこれに応え、「8.30絶対成功」のコールを上げた。

集会では、民主・共産・社民の国会議員が情勢報告。また辺野古実行委員会をはじめ、市民団体・個人から連帯挨拶があった。途中で本降りになったが、参加者は元気に「戦争法案廃案」「安倍退陣」のシュプレヒコールを続けた。(M)

動画(行動提起 菱山南帆子)

8.30大行動詳細


Created by staff01. Last modified on 2015-08-21 11:43:56 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について