本文の先頭へ
LNJ Logo 安保国会を中継しないNHKに大抗議〜第2回NHK包囲行動行われる
Home 検索
 


安保国会を中継しないNHKに大抗議〜第2回NHK包囲行動行われる

                牧子嘉丸

動画(4分)

 8月19日夕刻、渋谷NHK前で2回目の抗議集会があった。まずこの日も重大な安保法制の参院特別委員会があったのに、国会中継しないことに非難と抗議が集中。高校野球は垂れ流し的に放送しても、国の安全をめぐる重要問題は放送しないのだ。

 またNHKが電力会社の株を保有しているので、原発に対して批判できるはずもなく、全くの広報機関になっていることや、福島の現状など何ひとつ伝えていないことも指摘された。川崎から参加した男性は、原発事故の報道を見守りつづけて「NHKよりまだ東電や内閣府の発表のほうが信用できる」とまで断言、真実を報道しないNHK記者の実名まであげて糾弾した。

 NHKは8月前半は戦争の歴史を振り返る番組をやるが、これを「8月ジャーナリズム」といって、戦争の悲惨な結果ばかりを映し出して、そのきっかけとなったファシズムの起因を追及しないという発言もあった。なぜならファシズムの起こった原因はNHK自らも負っているからだ。そして今また、おなじ大本営発表を繰り返しているのだ。

 集会中、司会の火炎瓶テツさん(写真)が「いまNHKは7時のニュースで国会審議の様子をたった2分しか報じなかった。しかも小池議員のやりとりはなかった」と速報を紹介すると、一同から憤激の声が上がった。共産党小池晃議員の自衛隊内部資料をめぐり、重大な憲法違反をしている防衛省中谷元の責任隠蔽にNHKも加担しているのだ。

 集会が8時すぎに終わって、急いで帰宅し9時の「ニュースウオッチ9」を見たら、「こうのとり」のニュースを20分ばかりこれでもかと垂れ流して、結局国会審議のニュースはなし。傑作なのは、中国天津の爆発事故で当局は事実を伝えていないという人々の声を紹介していた。

10時からテレビ朝日の報道ステーションを見ると、すべてにバランスよく「こうのとり」も小池議員の質問もとりあげ、おまけに武藤議員の離党ニュースも伝えていて、どちらが公共放送かわからない。

 いまのNHKの「ニュースウオッチ9」を見ていると、微笑のファシズムという言葉が浮かんでくる。まだ前の大越キャスターのほうがはっきりと物を言うだけに刺激があった。まさに地獄への道は善意で敷き詰められている。こんな不気味な微笑にだまされていけない。

 集会ではこんな懲りない連中には、受信料支払い拒否しかないという声も多く出た。まさにそれしかない。具体的なノウハウを知っているひと、実践している人はぜひ紹介してほしい。悪い商品(情報)は不買運動で対抗しよう。

 8月25日にはさらに大規模な「NHK包囲」の抗議行動がある。ぜひ参加して声をあげよう。


  *写真=通用門でも声を上げた


*25日(火)18.30〜20.00 NHK放送センター前・主催 NHK包囲行動実行委員会 090-8955-6050) 8.25詳細


Created by staff01. Last modified on 2015-08-20 12:05:09 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について