本文の先頭へ
LNJ Logo ビデオプレスニュース : 『裁判所前の男』いよいよ3月17日に完成試写会
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 0315vp
Status: published
View


以下、最新のビデオプレスニュースです。17日は『裁判所前の男』完成試写会で
す。ぜひお運びください。

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●
     ☆ビデオプレスニュース 2015/3/15☆

    ドキュメンタリー映画『裁判所前の男』情報ほか
●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

■『裁判所前の男』いよいよ3月17日に完成試写会■
 

 裁判所批判を続ける大眄菊鵑気鵑離疋ュメンタリーがついに完成しました。
この作品は、2007年から2014年までの7年間を記録したものです。「裁判官は証
拠資料をちゃんと読め」「裁判官の数を増やせ」「撮影・録音の自由を」など、
ごくまっとうの訴えを裁判所前で連日行ってきた大發気鵑蓮∈枷十蠅量椶両紊
タンコブでした。そして2010年、大眤疂疳雄畛件が起きました。「もの言う人
間」をひねりつぶそうとする国家権力。果たして事件の真相は? 「恐怖の429号
警備法廷」の実態は? 秘蔵映像を通して、知られることのなかった裁判所の闇
が浮かび上がります。また元大阪高裁判事・生田暉雄弁護士も登場し、「裁判所
の実態」を告発します。2015年3月・65分・ビデオプレス作品。

 <完成試写会> 上映後、制作者及び大眄菊鷸瓩琉Щ△△
 ◎3月17日(火)19.00 〜20.30 (開場18.30)
 ◎東京・なかのゼロ視聴覚ホール(中野駅南口7分)↓
  https://www.nicesnet.jp/access/zero.html
 ◎参加費 700円(制作カンパをいただいた方は無料招待)
 *どなたでも参加できます。直接会場にお越し下さい
 ◎専用サイト http://saibanshomae.jimdo.com非正規女性のたたかい『メトロレディーブルース』拡がる■

 東京メトロ売店の非正規女性たちのたたかいを描いた『メトロレディーブルー
ス』が各地に拡がっています。神戸のOさんからは「神戸ワーカーズユニオンで
も応援しています」の声が寄せられました。彼女たちの非正規差別撤廃を求める
運動はいま法廷と現場で、正念場のつばぜりあいになっています。そんななか、
以下の自主上映会が行われます。東部労組メトロコマース支部メンバーも参加す
る予定。
 ◎下高井戸シネマ・ドキュメンタリーフィルムフェスティバル
  4月23日(木)20.45〜 1000円 
 ◎大原社研シネマ・フォーラム
  5月20日(水)17時〜 法政大学大原社会問題研究所

■『いのちを楽しむ〜容子とがんの2年間』熊本上映会■

 2013年に全国で劇場公開した『いのちを楽しむ〜容子とがんの2年間』、いま
は自主上映が続いています。5月には熊本の東本願寺での上映会が決まりました。
 ◎東本願寺公開講座
 テーマ:独生独死独去独来「ひとり生まれひとり死ぬ」
「いのちを楽しむ」上映と松原明氏(制作者)講演
 期日:2015年5月2日(土)
 受付 13:00 開演 13:30〜17:00
 会場:東本願寺熊本会館 熊本市中央区呉服町2-5 呉服町電停前
 問い合わせ:096-324-0608
 http://inochiyoko.com/DVD『スカーフ論争〜隠れたレイシズム』の活用を■

 ことし1月のパリ銃撃事件は衝撃でした。DVD『スカーフ論争』は、フランス移
民の二世代・三世代たちが直面した「スカーフ禁止」問題を描いています。移民
たちはフランスでどんな状況に置かれてきたか、この作品は、パリ銃撃事件の背
景にあるものを教えてくれます。ジェローム・オスト監督作品・2004年・75分
(日本語字幕版 2013年発行)。DVD価格4500円(個人)、ビデオプレスで好評取
扱い中。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●ビデオプレス 
  TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578 mgg01231@nifty.ne.jp
  ホームページ http://vpress.la.coocan.jp/
 『裁判所前の男』映画公式サイト http://saibanshomae.jimdo.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Created by staff01. Last modified on 2015-03-15 18:49:56 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について