本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜選挙結果分析
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1418659418472sa...
Status: published
View


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」
・「新芽ML」
の渡部です。
==================
 【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に
 【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
======================
弱い者いじめのデマゴギー政治家・橋下徹を倒そう!
======================

昨日(12月14日)の衆議院選について。

議席数に関しては以下のようです。
 自民  293→291
 公明  31→35
 民主  62→73
 維新  42→41
 次世代 20→2
 生活  5→2
 社民  2→2
 共産  8→21
 無所属 17→8

今回の選挙の特徴は、以下のようにまとめられると思います。
 ー民党の勝利と戦後最低の投票率の更新
 中間・補完政党の凋落
 6産党の躍進
 げ縄全4区での自民党の敗北
 
,亡悗靴童世┐弌⊆民党・高村副総裁は次のようなことを述べています。
  「静かな選挙戦だった。追い風も向かい風も感じなかった。」
  まさに(嵐のまえの?)「風なき勝利」と言っていいでしょう。
  そして、小選挙区に関して言えば、全体の投票率は52.66%で、
  自民党の得票率は48.2%です。これは有権者の25%です。
  にも関わらず、295ある小選挙区の76%にあたる223議席を確保しています。
  つまり、有権者の25%(四分の一)で、議席の76%(四分の三)です。
  いかに国会の議席が空中楼閣であるかということです。
 
  それは、本日、<株価が落下>し、
  <大手企業の景況感2期ぶり悪化>と<経済対策の1兆円上積み>
  が発表されたことにも現れています。
  これらはいずれもアベノミックスの行き詰まりを表しています。
  すでに選挙前にはその兆候が出ていたので、表面化するまえに、
  自民党は「党利党略」の選挙に打って出たのです。
  しかし、人為的な市場拡大は、結局、一時的な株価上昇と物価高、
  長期的な借金の増大(→増税、医療・福祉・教育の切り捨て)
  となって表れることは不可避です。

△亡悗靴童世┐弌△垢任冒芦鵑砲盻劼戮泙靴拭
  付け加えて言うならば、「次世代」は20→2と大きく凋落し、
  石原慎太郎、田母神俊雄らは落選しました。
  「維新」はかろうじて1減でしたが、大阪の小選挙区では12→5で、
  橋下徹や松井一郎は立候補もしませんでした。 
  (それどころか、野党連携などと言っていた橋下は、
  選挙最終盤には「民主より自民」などと言っていました。) 
  また「みんな」は分裂し、自民に近い渡辺喜美は落選しました。   
  これらについては、自民党は彼らを補完勢力として、
  とりわけ憲法「改正」の同類項として期待していた節もありますから、
  間接的には安倍政権にとっては痛手です。
  こうした背景には、この間、自民党が進めてきた
  「中国包囲網」や「村山」「河野」談話の見直しの破綻、
  があったと思われます。(今後どうかわるかまだまだわかりませんが)。
  また、中間・補完政党の凋落により、
  人民大衆の攻撃対象が安倍政権に絞られてきたと思います。
  まずは、その前哨戦としてデマゴーグ橋下を追い落としましょう。
  
については、まさに現在の日本の貧富の差の拡大、
  階級矛盾の激化を反映するものであると思います。
  議席数増(8→21)で、共産党は衆議院で単独で法案を
  提出することができるようになりました。
  今後、さらにアベノミックスの行き詰まりが明らかになれば、
  さらに共産党への期待は高まるでしょう。
  これは大いに良いことだと思います。

  ただ、これまでの共産党系の活動家たちの動き
  (たとえば「日の丸・君が代」強制反対闘争で見られたような、
  前日までは先頭に立って反対していたのに、
  当日になって不起立をしなかった、など)から、
  一般大衆は、彼らが変な動きをしないよう、
  常に目を光らせておくことが大事だと思います。
  (心には、常に石を抱いていること)

い砲弔い討蓮△泙燭靴討皺縄では、
  辺野古移設反対の民意が「オール沖縄」で示されました。
  これは、安倍政権とアメリカ政府に対する大きな打撃です。
  沖縄の人々の闘いが、日本の政治の未来像を指し示している、
  と言えるのかも知れません。
  いずれ、「オールジャパン」で安倍政権とアメリカ政府に
  反対する日が来るよう、全国各地から声を上げていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
           2015年「2・8総決起集会」
<集会名>
 「日の丸・君が代」強制反対!教育の国家支配を許すな!2.8総決起集会
<集会の位置付け>
   A「日の丸・君が代」強制に反対する。 
   B自衛隊と学校教育との連携を糾弾する。
   C国家主義的な思想教育としての「道徳の教科化」に反対する。
<講師>   斎藤貴男さん
<日時>2015年2月8日(日) 午後1時30分より
<場所> 南阿佐ケ谷の杉並産業商工会館講堂
<主催>都教委包囲首都圏ネットワーク
***********************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
http://houinet.blogspot.jp/

「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
http://homepage3.nifty.com/hinokimi


Created by sasaki. Last modified on 2014-12-16 01:03:38 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について