本文の先頭へ
LNJ Logo 香港の独立労組がネット署名を呼びかけ
Home 検索
 


〔レイバーネット国際部〕
独立系の労組ナショナルセンター、香港職工会連盟(HKCTU)が、以下のメール署名を呼
びかけています。ウェブサイトから署名ができます。文面を読むと、香港人が主体のよう
ですが、全世界の労働組合にも呼び掛けていますし、一人一通ともあるので、日本から個
人で署名してもいいのではないか、と思います。名前のあとに(日本/***労働組合)
とか(Japan/***UNION)とか入れればいいかも。要請先は中国国家主席と香港行政長
官です。
 
署名サイト(中国語)
http://www.hkctu.org.hk/web/en/online_petition.html?id=7
署名サイト(英語)
http://www.hkctu.org.hk/web/en/online_petition.html?id=6
 
以下は中国語から訳しました。
 
===================
 
香港政府による民主化運動弾圧
独立労組は恐れない
 
香港政府は9月28日に機動隊を出動させ、多数の催涙弾を発射し、平和的デモの弾圧をも
くろみ、多数の負傷者をだしました。政府の弾圧は市民の怒りにさらに火を注ぐことにな
りました。現在、市民は自発的に多数の通りを封鎖し、各大学等では無期限の授業ボイコ
ットを宣言しました。HKCTUは、弾圧をやめさせるために一人一通の要請書を送るよう呼
びかけます。
 
Name(姓名): _____
Email(電郵): _____
 
 
中国国家主席 習近平 殿
香港特区行政長官 梁振英 殿
 
中国政府は香港返還の際に香港での真の普通選挙の実施を約束しました。2007年、全人代
常務委員会は、2017年に香港で行政長官の普通選挙を実施することを決議しました。香港
人は真の普通選挙の実施を待ち望み、そのための努力を続けてきました。しかるに、2014
年8月31日、中国政府はこの公約に公然と背き、偽りの普通選挙案を宣言しました。それ
は行政長官選挙の候補者はまず最初に非民主的な候補者指名委員会のふるいにかけられ、
中国政府のいうことを聞く人間だけが候補者になることができる、というものでした。
 
香港の労働者、学生、市民は、中国政府および香港政府の決定に対して大変な憤りを覚え
ています。一万人以上の学生が9月22日に授業ボイコットを開始しました。9月26日には学
生および支援の市民たちが政府総部ビル前での集会を始めました。連日、何万もの市民た
ちが支援に駆け付け、その勢いは日増しに大きくなりました。香港政府は9月28日に機動
隊を出動させ、多数の催涙弾を撃ち込み、平和的デモへの弾圧を図り、それによって多く
の市民が負傷しました。政府の弾圧は市民らの怒りに火を注ぎました。現在では市民らが
自発的にいくつもの通りを封鎖し始めており、大学等では無期限の授業ボイコットが宣言
さました。
 
HKCTUは香港のすべての労働者にストライキで弾圧に抗議することを呼びかけています。
スワイヤー飲料(香港)職員組合、港湾業職工会、中文大学職員組合など、多くの労働組
合がストライキの呼び掛けに応じています。独立組合は学生や民主化運動とスクラムを組
んでたたかいます。私たちは、多くの労働者がストライキに参加し、強権政府に譲歩を迫
るよう願っています!
 
非民主的な政治制度のもと、香港政府はこれまでずっと経済界に傾斜し、労働者や独立労
組は抑圧されてきました。団体交渉権、労働時間規制、皆年金制度など、労働者にとって
有利である多くの法律は、まったく実施されていません。多くの労働組合は経営者からの
嫌がらせや弾圧を受けています。民主的政治制度がなければ、独立労組は存続することが
極めて難しくなり、労働者の境遇はさらに悲惨なものにしかならないでしょう。HKCTUは
以下の要求の実現に向けて、全世界の労働組合に対して香港の民主化運動を支援すること
を呼びかけます。
 
1) 弾圧を即時停止し、香港人の平和的デモを認めること。権力者は弾圧の責任をとるこ
と。
2) 中国政府は偽りの普通選挙の決定を撤回し、真の普通選挙を実施すること。


Created by staff01 and Staff. Last modified on 2014-11-21 05:20:17 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について