本文の先頭へ
LNJ Logo 報告:さようなら原発全国大集会、福島・郡山からもバスで参加
Home 検索
 


さようなら原発全国大集会に16000人〜福島・郡山からもバスで参加

                         湯本雅典

9月23日、亀戸中央公園(江東区)で「川内原発再稼動するな!フクシマを忘れない!さようなら原発全国大集会」が開催され、16000人が結集した。主催は、「さようなら原発1000万人アクション実行委員会」。

この集会は、もともと同日に他2団体との3団体共催で代々木公園で開催される予定だった。しかしデング熱の発生により集会場所の変更を余儀なくされ、3団体共催も困難になった中でも集会の実施が貫徹されたものだ。その中でも16000人もの参加が得られた成果は大きい。

集会には福島県郡山からのバス1台50名の参加をはじめ、日教組や平和運動センターの全国動員などにより会場の亀戸中央公園は、参加者でぎっしり埋まった。

鹿児島から参加した向原祥隆さん(反原発・かごしまネット代表/写真)は、9月28日に予定されている川内原発再稼動阻止鹿児島現地集会への参加を強くよびかけた。川内原発の再稼動問題は重要な局面を迎えているが、この「さようなら原発全国集会」は川内原発に限らず、すべての原発の再稼動阻止、廃炉に向けた重要な意味を持つ集会であった。(湯本雅典)

動画(YouTube 3分)


Created by staff01. Last modified on 2014-09-24 00:09:53 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について