本文の先頭へ
LNJ Logo 報告:川内原発を再稼働するな!〜「さようなら原発全国大集会」に16000人
Home 検索
 


川内原発を再稼働するな!〜「さようなら原発全国大集会」に16000人

9月23日、「さようなら原発全国大集会」が東京・江東区の亀戸中央公園で開かれ、 16000人(主催者発表)が参加した。集会は「川内原発を再稼働するな、フクシマを忘れな い」をスローガンに掲げた。

さわやかな秋晴れに恵まれたこの日、昼前から続々と参加者が会場に入る。最寄りの 駅は東武亀戸線の「亀戸水神」。下町を走るワンマン2両編成の列車には、Tシャツ やプラカード、鳴り物を抱える乗客の姿も目立つ。ホームに降り立てば、駅員が公園を案 内していた。まさに大集会の様相だ。

会場では、広い芝生を囲むようにブースが並び、ステージからの音声は、場内に設置 された複数のスピーカーからも聞き取れる。 第一ステージでは、「エセタイマーズ」が演奏していた。

「タイマーズ」がロック歌手の故・忌野清志郎らの覆面バンドだとすれば、エセタイ マーズはさらにそのコピーバンドということになろうか。エレキ、アコギ、ドラムに ウッドベースという異色の組み合わせの4人組。「イマジン」「サマータイムブルース」「青空」 「雨を見たかい」など、オリジナルと日本語の歌詞を加えて熱唱。余裕のあるトー クで原発や安倍政権を批判し、喝采を浴びた。

俳優の木内みどりさんが司会を務めた。ルポライターの鎌田慧さんが最初に発言。 「安倍内閣はさまざまな悪政を実施している。あの田中正造が言ったように、亡国内 閣だ」。「国民の声に聞く耳を持たず、メーカーと電力会社のカネ儲けのために原発 を再稼働しようとしている」。「朝日新聞の問題では、吉田所長が(移動した)部下 の動向を把握していなかっただけのこと。それを原発推進派は、社員ががんばったと 美化している」。「私たちは絶対に譲らない。未来は私たちが握る。みなさん一緒に 行動しましょう」と呼びかけた。

1954年、ビキニ環礁における米軍の水爆実験で被ばくした「第五福竜丸」の元乗組 員・大石又七さんも参加した。奇しくもこの日は、犠牲になった無線長・久保山愛吉さ んの、60年目の命日にあたる。 「福島の事故もビキニの事件もつながっていると私はずっと伝えてきた。福島で隠さ れてきた内部被ばくの恐ろしさは、ビキニから始まっている」。大石さんは声をふり しぼって訴えた。

韓国、台湾、川内原発現地、福島現地からの報告があり、最後に広瀬隆さんが登壇し た。

ゲストの発言が終わるとデモに出発。 来場者は、公園から京葉道路へ出る。夕陽を正面に受けて亀戸駅、錦糸町駅を過ぎ、 江東橋交差点西側の公園で流れ解散した。(Y)


Created by staff01. Last modified on 2014-09-27 07:48:39 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について