本文の先頭へ
LNJ Logo 牧子嘉丸のショート・ワールド〜ジャパン自画自賛シンドローム
Home 検索
 



    第10回 2014年8月1日

ジャパン自画自賛シンドローム

小越 こんばんは。クローズアップジャパンです。今夜は「クールジャパン発見!ええぞええぞニッポン」と題して特別番組をお送りします。ゲストには『永久のゼロ』でお馴染みの千田直木さんをお招きして、日本人の素晴らしさを紹介した自賛本ブームについてお話を伺います。千田さん、よろしく。それにしても相変わらずの放言とまりませんね。

千田 それがボクの売りだもの。あなただって、いつもここ一番で政府のヨイショばっかりしてるでしょ。あれと同じよ。

小越 いや、最初から参りましたね。では、さっそく本を紹介したいと思います。まず益田神妙さんの『日本人はなぜかくまでも美しいのか』ですが、いかがですか。

千田 すばらしいね。日本人にブスはいないということだね。ちがうか。西洋の美は完全で完成されたものだが、日本の美は不完全さにあると言っています。W杯で試合に負けてもゴミ拾いしたでしょ。素晴らしい美談です。わざわざブラジルまで行ってゴミを拾う、でもフクシマのゴミは知らん顔。それも黒のビニールシートを張って、見えないようにする。奥ゆかしいね。まさに日本人の不完全な美意識です。

小越 なるほど。次は江川強さんの『絶対負けない、日本大企業』はどうでしょうか。日本経済に勇気と自信を与えてくれますね。

千田 うーん、これにはちょっと異論があります。作者は日本の企業は自分の利益だけを考えて、アジア諸国の利益を考えていないのではと懸念していますが、それでいいんです。TPPでアメリカにやられっぱなしなんだから。どっかで取りもどさなきゃ。とにかく、日本企業の強さは絶対労働者に負けないことだね。セクハラ・パワハラ当たり前、カローシなんて朝飯前。こういう企業だから日本の経済はますます発展していきます。まさにブラック・イズ・ベストだね。

小越 それでは、武士田常安さんの『日本人はいつから日本よりアメリカが好きになったか』の評判もなかなかいいですね。

千田 前作の『日本人はいつから日本が好きになったか』よりずっと面白いですね。よく日本人の依存本質をついています。さすが宮家の御嫡孫ですね。関係ないか。

小越 ではおしまいに広川助広さんの『グッバイ自虐、日本に生まれてまあまあよかった』については。

千田 これは漱石の『満韓ところどころ』の一節で「余は支那人や朝鮮人に生まれなくてよかった」とあって、それで「日本に生まれて」うんぬんとつづくんです。この一節だけを応用かつ敷延(ふえん)しているところが、このセンセイの偉いところです。さすが元祖東大話法。実際、中国は大気汚染だらけだし、韓国じゃフェリーはひっくりかえるし、やっぱり、まあ日本に生まれて……

国屋 (突然)そうでしょうか。絶対安全をうたいながら、福島原発は大爆発を起こし、海や大地を今も汚染しつづけています。JR尼崎での脱線事故や日航ジャンボ機墜落事故も利益優先の過酷な企業管理の責任が問われています。それぞれの国はみな同じような問題を抱えているのではないでしょうか。だからこそ、お互いに協力……

千田 この人だれ。まだいたの?

小越 また会長に怒られるから、黙っていなさい。シィッー。
すみません。最後にこういう自画自賛本が流行する背景について、千田さんはどうお考えですか。

千田 ひとことで言えば自信がないんだね。人がホメてくれないから自分でホメる。馬鹿だよ、こんな本読む奴。それならオレの『永久のゼロ』を読めっつーの、この自信喪失のアンポンタン。ボクはエライから君が代なんて歌いませんよ。あっこれは石腹さんか。ともかく、自信があれば、人をクズ呼ばわりだってできるんだ。おい、ともかくオレの本読めよ。なんで他人の本なんか宣伝しなきゃいけないんだ。オレはベストセラー作家だぞ。どんなに苦労して、ここまでエラクなったと思うんだ。

小越 (さえぎって)まあ、とにかく日本は美しく強くあらねばならない、汚いところや危ないところは隠さねばならない、ということだけははっきりしました。今夜はそういう感想を持ちましたが、皆様も日本人ならきっとそうお考えでしょう。

国屋 最後に私にもコメントさせて下さい。

小越 あんたはもういいって。あっ、会長が何か怒鳴ってる!

会長 こら早よやめ!放送終了、終了!こんなんでは日本変人協会になってしまうがな。

千田 何が変人や。お前が一番のど変人じゃ。

国屋 私はジャーナリストとして本当に公正な報道に努めてきただけです。

スタッフ そうだ。国屋さん、ガンバレ!

小越 今日は自画自賛の行き着く恐ろしい一面をお伝えしました。ご機嫌よう。次はお天気コーナーです。井戸さんよろしく。

井戸 きょう大変荒れ模様になりましたね、以上。(騒然としたなか番組終了)


Created by staff01. Last modified on 2014-08-01 14:06:43 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について