本文の先頭へ
LNJ Logo 写真速報 : ガザ空爆をやめろ!イスラエル大使館前緊急行動に150人
Home 検索
 


ガザ空爆をやめろ!イスラエル大使館前緊急行動に150人

イスラエル大使館(東京・麹町)に対する日本警察の「気遣い」は尋常ではなかった。7月11日午後6時半、ガザ空爆に抗議する市民が大使館前の路上で、ハンドマイクでアピールしようとすると警察官が襲いかかり強制排除を行った。ケガ人も多数出た。

しかし警察も150人以上の参加者の抗議と気迫に押されたのか、結局「肉声ならいい」ということになり、排除された人々も大使館前路上に戻り、アピール行動がはじまった。

参院議員の山本太郎氏(写真下)も駆けつけた。「イスラエルと日本は似ている。ともに同盟国(米国)だのみで周辺国との関係も悪い。日本は武器輸出解禁でますますイスラエル化する可能性がある。イスラエルがガザでやっていることは戦争ではない。屈指の軍事力を持つ国が一所に集めた人に対して行う“大量殺戮”だ。絶対に許せない。ガザの叫びに応えて抗議の声を上げていこう」と訴えた。

パレスチナ問題の専門家はマイクを握り、「今回のイスラエルのガザ攻撃は、パレスチナのファタハとハマスの統一内閣の動きをつぶす狙いがある。そこをしっかり見ていく必要がある」と強調した。

この日は、緊急の個人呼びかけにもかかわらず、多くの人がプラカードに思いをこめてやってきた。「ガザ空爆をやめろ」「子どもを殺すな」、イスラエル大使館に伝えようと英語で書いたものが多い。アルジェリア人のグループも参加、「同じアラブの問題だ」とイスラエルを強く批判した。(M)

動画(YouTube 6分)

↓イスラエル大使館入り口

↓アルジェリア人も訴えた


Created by staff01. Last modified on 2014-07-12 01:18:08 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について