本文の先頭へ
LNJ Logo 福島県教組副委員長のマンガが組合をひっぱる!
Home 検索
 


福島県教組副委員長のマンガが組合をひっぱる!

 福島県教職員組合の副委員長柴口正武さん(ペンネーム、Monster松)は、震災後福島県浪江町から避難を重ね、現在は福島県相馬市に住む。中学校の数学教師である柴口さんは、組合の専従になる以前から組合機関紙に4こまマンガを連載してきた。

 現在は、県教組のホームページで「2014憲法学習会」資料、「許すな!集団的自衛権行使!」(その1〜その4)を4こまマンガで掲載している。また県教組の機関紙「福島県教育新聞」では、「県教組双六(すごろく)」を毎号連載している。(昨年は、「県教組版いろはがるた」だった)

 柴口さんは、「本当は憲法の文章をしっかり読んでほしいのですが、なかなかそうもいかない。そこでマンガでひきつけようと思っているのです」と語り、安倍晋三を「本当は顔も見たくないのですが」と言いながら、さっさとすばやく描き上げる。安倍晋三は「あまりたくさん描いたので、私の中では一番できがいい」そうだ。

 柴口さんは、震災直後は「(マンガも)描く気がしなかった」という。そこには想像を絶する体験、厳しさがあった。しかし、「今やっと(マンガが)描けるところまで来たような気がします」と語った。福島県教組は、震災後の取り組みが山積みしているにもかかわらず、憲法問題という原則的課題をしっかりとりくんでいる。柴口さんの言葉の中に、その姿勢を見た思いがした。(取材:6月5日 湯本雅典)

動画(YouTube 4分)

福島県教組ホームページ
http://www.f-t-u.or.jp/


Created by staff01. Last modified on 2014-06-09 17:32:24 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について