本文の先頭へ
LNJ Logo 集団的自衛権の行使は認めない!〜国会包囲ヒューマンチェーンに2500人
Home 検索
 


集団的自衛権の行使は認めない!〜国会包囲ヒューマンチェーンに2500人

安倍首相の私的諮問機関・安保法制懇が「解釈改憲・集団的自衛権行使容認」の報告書を15日にも提出するという緊迫した状況のなか、5月13日昼、国会包囲ヒューマンチェーンが取り組まれた。手作りのプラカードを持参する人が多い。「気がついたら徴兵制」「戦争の惨禍を忘れない」「私たちはまた戦争をするのか」、一つひとつの言葉に人々の怒りと危機感が表現されていた。続々と集まった市民は約2500人に膨れあがり、国会包囲はほぼ実現した。この日は、国会見学の中学生の集団が多かった。市民はマイクで「あなたたちのためにも憲法守るからね、戦争をさせないよ」と呼びかけると、生徒たちも手を振って応えていた。主催者の高田健さんは、「報告書提出が15日に決まった。そのあと安倍首相の会見もある。私たちは15日午後6時に再びここに集まって、主権者としてノーの声を上げよう」と訴えた。(M)

安保法制懇「報告書」はいらない、5・15緊急国会行動

↓午後12時すぎ、議員会館前で集会が始まった。メディアが多い。国会議員も多数参加した。

↓コールを上げる

↓人間のくさりが繋がる


Created by staff01. Last modified on 2014-05-13 17:41:28 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について