本文の先頭へ
LNJ Logo 写真報告 : 福島を忘れない!止めよう柏崎刈羽原発再稼働!〜集会デモに200人
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 0412shinya
Status: published
View


福島を忘れない!止めよう柏崎刈羽原発再稼働!〜集会デモに200人

4月12日、「福島を忘れない!止めよう柏崎刈羽原発再稼働!東京集会」が日比谷図書館コンベンションホールで開かれた。柏崎刈羽原発運転差止め訴訟原告・弁護団と柏崎刈羽原発運転差止市民の会の呼びかけで、緊迫している柏崎刈羽原発の再稼働の動きや新潟県現地の運動を首都圏の運動も共有しようと開かれた。現在「市民の会」は原告190名を含め1335名。2000名を目標にしている。会場は首都圏だけでなく、新潟県現地や福島などの原発立地からの参加者で埋まった。集会後、約200人で東電本社前を通り東京駅までデモ行進を行った。(shinya)

↓集会が開かれた日比谷図書館コンベンションホール

↓矢部忠夫さん(反原発地元三団体共同代表・柏崎市議)

「柏崎刈羽原発は世界最大の原発で、発電した電力の全てを首都圏に送っている。しかしトウフの上に建っている極めて危険な原発だ。2007年の中越沖地震でメチャクチャに壊れ、火災も発生した。耐震設計上の想定地震M6.9より小さいM6.8(震度6強)だったにもかかわらず、揺れは設計用限界地震の450ガルを大きく超える1699ガルだった。所内の消火栓はことごとく壊れ、地震で道路も壊れて市の消防車もなかなか近づけなかった。まさに危機一髪だった。」「東電は重大事故時に容器を破壊から防ぐためのフィルタベント設置などをして再稼働しようとしている。柏崎市の主要機関は全て10匏内にある。30匏内には467000人が暮らしている。どうやって避難するのか。住民はたっぷり被ばくしながら逃げることになる。泉田県知事も機能しない避難計画は作れても実効性が伴わないと批判している。“避難計画”ならぬ“被ばく計画”だ」

↓大西しげ子さん(原告共同代表)

「昨日、東京電力に対して柏崎刈羽原発の適合性審査請求を撤回するよう申し入れた。原発を動かすため、経済のために地元は捨て石になって被ばくを少し我慢してくださいという。住民を被ばくさせるフィルタベント装置を平然と造る東電に怒りを感じる。何も知らずに生まれてくる子に、自分で決めることの出来ない子どもたちが、結果を全て担わなければならないと思うと眠れなくなる。」

↓柏崎刈羽原発の現状を解説する和田光弘弁護団長

↓会場からの質問に応え、活断層の説明をする弁護団および矢部柏崎市議。

↓首都圏住民の決意を述べる日本消費者連盟元代表委員富山洋子さん。

↓東電本社まで抗議。銀座方面に向かうデモ。

 

「東電・柏崎刈羽原発差止め市民の会」
新潟市中央区白山浦1−238−6 TEL/FAX 025−383−6335
年会費(一口1000円)、カンパの振込先
郵便振替 口座番号00520−3−53421
口座名称 東電・柏崎刈羽原発差止め市民の会


Created by staff01. Last modified on 2014-04-14 10:03:37 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について