本文の先頭へ
LNJ Logo 写真報告 : 再稼働反対!9.14さようなら原発大集会
Home 検索
 


大飯原発4号機が定期検査に入り再び原発稼働ゼロとなる9月15日を前にした14日、「再稼働反対!9.14さようなら原発大集会」が東京・亀戸中央公園で9000人を集めて開かれた。主催者の一人落合恵子さんは「安倍首相は『汚染水は完全にブロックされている』『アンダーコントロールされている』と言った。そうならここに集まっている必要はない。国際公約をしたからにはやってもらおうじゃないの。・・・東電をはじめ誰も責任を取らない。メディアはオリンピック一色。原発も基地問題もTPPも隠されていくお祭りが始まった。子や孫たちのために私たちの年代を賭けて、この国にきちっと責任をとってもらおうではありませんか」と開会挨拶。

大江健三郎さんは「外洋と港湾は通じている。首相はなぜ嘘を言うか。現実を見ていないからだ。そして、それを日本人が許しているからだ。オリンピックが終われば何が残っているか。将来のこどもたちが生きていける時代を遺すために行動しよう」と呼びかけた。

鎌田慧さんは「あの小泉さんさえ原発をゼロにしたいと言っている。敵の中にも原発反対を拡げていきたい。原発はモラルの問題です。環境に対する犯罪、未来に対する犯罪です。再稼働は絶対に許さない運動、反対派を増やす運動をしたい」と発言。

福島や青森、福井、東海村、横須賀、柏崎刈羽、泊、伊方、川内からも発言があった。メインステージ周囲には六カ所・祝島の産直品販売や各種署名、書籍、脱原発グッズなどのテントが沢山できた。参加者、集会後浅草と錦糸町方面の二コースに分かれてデモ行進した。(写真・報告=Shinya)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓「避難区域でない人には補償がない。取り戻さなければならないのは人としての名誉と、私たちがこの世を去っても永遠に遺される子どもたちの未来です。」福島から避難している二瓶和子さん。

↓「柏崎刈羽原発は中越沖地震で傷だらけです。私たちの運動の弱さが今日を招いている。」新潟平和運動センターの中村進さん。

↓光風& Green Massive のライブ

↓落合惠子さん

↓大江健三郎さん

↓「子どもたちが伊方から出て行っています。伊方には声をあげられない九電やその下請けに働いている人たちが沢山います。原発は伊方に押しつけられた差別です。」門田鈴枝さん。

↓「川内原発から9キロの所に住んでいます。活断層ばかりでない。南九州の火山活動が活発化している。過去に火山噴火で火砕流が川内原発近くまで来ていたことが分かっている。福島の放射能は大半が太平洋に流れたが、川内原発に事故が起きれば、偏西風に乗って九州四国はもちろん関西関東へも被害がおよぶだろう。」鹿児島県護憲平和フォーラムの下馬場学さん。

↓鎌田慧さん

↓労働組合関係の錦糸町方面デモ


Created by staff01. Last modified on 2013-09-15 20:19:28 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について