本文の先頭へ
LNJ Logo 写真報告 : 透き通る歌声、霞ヶ関にひびく〜「あおぞら放送」に李政美さん出演
Home 検索
 


透き通る歌声、霞ヶ関にひびく〜「あおぞら放送」に李政美さん出演

2月1日の経産省前テントひろば「あおぞら放送・第19回」に歌手の李政美(イ・ジョンミ)さんがやってきた(写真)。李さんは3日から「原発いらない福島の女たち」の協力で、福島7ヶ所で「コンサートツアー」を行う。「頑張っている福島のお母さんたちに元気になってほしい。歌の出前のつもりで福島に行く」と語る李さん。この日は、民謡「会津磐梯山」と「うないの力」の2曲を歌った。その透き通るような歌声が霞ヶ関にひびきわたると、テント前を埋めた観客もすっかり魅了されてうっとり。大きな拍手が起きた。また番組では原子力規制委員会批判(阪上武さん)、避難女性の訴え(二瓶和子さん)のトークや独り芝居「原発村騒動記」もあり、賑やかな放送となった。(M)

*伴奏は矢野敏広さん(写真中央)

放送アーカイブ(李政美ライブは58分から)

↓「原子力規制委員会の新安全基準はおかしい。パブコメで声を上げよう」(「フクロウの会」の阪上武さん)

↓福島市から東京に避難している二瓶和子さんがその思いを語った

↓「原発と従軍慰安婦は双子の問題です。両方とも仕掛けたのは中曽根です」(独り芝居の佐藤一男さん)


Created by staff01. Last modified on 2013-02-02 23:02:41 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について