本文の先頭へ
LNJ Logo われわれは工場閉鎖と解雇を阻止する!― デイベンロイ争議支援!メーデー労働者総決起集会
Home 検索
 


 メーデーのデモ行進が終わった午後1時から東京東部労組デイベンロイ支部の大森工場の閉鎖と希望退職募集に抗議する決起集会が新橋生涯学習センター(ばるーん)で開催され、組合員と支援者など150名が集まった。会場の壁に「われわれは99%だ - We Are The 99%」の文字と掲げられている。
 デイベンロイはシーツやタオルなどをホテルやレストランなどに供給する会社で大森工場は本社のある拠点工場で操業35年になる。会社は道路拡張のための区画整理を口実に工場閉鎖を提案したが、実は工場を売却して労働者を解雇して資産を売却し、経営者の私腹を肥やそうとしている。
 デイベンロイ労組支部の松下修利委員長と小野書記長が経過と闘争方針を説明。退職手当4か月分の支給を条件に120名の希望退職を募集したが、組合は4月5〜7日の3日間のストライキを含む反対の闘いを続けている。そのため退職者は定数に達せず、会社による解雇攻撃が迫っている。東京都労委に解雇の不当性を訴えて不当労働行為救済を申し立てているが、5月7日に調査が入り、協議が行われる。
 つづいて、解雇に反対して闘っている17名の組合員が一人ひとり「最後まで闘い抜く」と決意を表明した。全国一般労働組合全国協議会の平賀委員長、JAL労組など支援団体の挨拶を受け、闘争意思と団結を固めた。集会のまとめで東部労組須田書記長は「解雇に正当な理由は全くない。労働者は生存権がある。解雇が撤回されるまで闘う」と決意表明した。

デイベンロイ労組の松下修利委員長 東京東部労組の菅野委員長
デイベンロイ労組の小野書記長 希望退職を拒否して闘う17名のデイベンロイ労組組合員
全国一般労働組合全国協議会平賀委員長 全日建連帯労組代表
日本航空JAL労組代表 「われわれは99%だ」の横断幕
決意表明する東部労組須田書記長 最後に全員で「団結がんばろう」

■ 組合は毎年開く地域住民との文化交流の場「第23回ふれあいフェスティバル」(5月19日午後2時〜)への参加を呼び掛けている。
 連絡先:東京都大田区大森西3-1-38 全国一般東京東部労組デイベンロイ労組支部
     TEL 03-3762-5781 090-3698-9483 小野まで
 全国一般東京東部労組ホームページ

<報道部TM>


Created by takaheims. Last modified on 2012-05-02 23:01:23 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について