本文の先頭へ
LNJ Logo 首都圏青年ユニオン : 牛丼すき家のゼンショーと和解成立
Home 検索
 


 牛丼すき家を経営する株式会社ゼンショーが労働組合・首都圏青年ユニオンとの団体交渉を拒否している件について、12月21日に東京地裁で和解が成立しました。

 すき家で働くアルバイトたちがユニオンに加入し、残業代未払い是正など労働条件改善を求めていましたが、ゼンショーは「個人加盟の労組は労組と認めない」として団交を拒否。この間、ゼンショーは、都労委・中労委と「ユニオンとの団交拒否は不当である」と命令が出されたため、命令取消を求める行政訴訟も起こしていました。東京地裁・東京高裁とゼンショーの主張は棄却され、今回の和解までに4回破れています。

 個人加盟労働組合が団体交渉を申し入れた際に、団体交渉を拒否するケースが相次いでいます。今回の和解を契機に、ローカルユニオンや一人でも入れる個人加盟労働組合の存在意義をさらに高め、非正規雇用労働者の労働条件を改善していく運動をますます旺盛に展開していきます。(首都圏青年ユニオン・山田真吾)

*写真は、12/25の厚労省記者会見

Created by staff01. Last modified on 2012-12-26 18:05:59 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について