本文の先頭へ
LNJ Logo 報告 : 多田謡子反権力人権賞受賞発表会開かれる
Home 検索
 


12月15日、第24回多田謡子反権力人権賞受賞発表会が東京の連合会館で行われ、60人が参加しました。発表会では三里塚闘争や国鉄分割・民営化反対闘争などの弁護活動のさなか29才で夭折した多田謡子の経歴が紹介されたのち、3分野、4人の受賞者から講演を受けました。

 松沢弘さんは、フジサンケイグループで、経営陣と一体化した産経労組に反対し、闘う労働組合をめざしてきた41年間を報告、反リストラ産経労を結成したことで、不当な配置転換と懲戒免職処分をうけて以降19年間闘ってきたこと、10月25日、不当労働行為を免罪する高裁の不当判決が出たが上告して闘うとのべました。

 根本がんさんと相沢一正さんは、力を合わせて東海原発と50年にわたって闘ってきました。根本さんは一人の漁師から始まった反対運動の歴史を紹介、相沢さんは核兵器と原発は双生児であり、平和利用は成立しないなどとのべ、二人とも、今の運動の盛り上がりを今度こそ後退させず、原発をなくさねばならないと述べました。

 神田香織さんは、社会問題を講談で訴える活動、社会に訴える講談師育成の活動、NPO法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」の活動がすべて評価されて受賞したことの喜びを述べ、その後、講談サロン香織クラブの皆さんが登壇して江戸しりとりを披露しました。

 発表会のあと恒例の受賞記念パーティが開かれました。パーティ冒頭では、野宿者強制排除と闘う堅川の仲間からの訴えがありました。パーティは例年通り、苦しい闘いを共有してきた仲間どおしの暖かい雰囲気でしたが、総選挙で自民党圧勝が予測されている中で、今後も権力の横暴と闘い続ける意志を皆で確認するものになりました。

 多田謡子反権力人権基金は夭折した故多田謡子弁護士の遺産をもとに友人たちで運営されています。詳細は下記サイトでごらんになれます。

http://tadayoko.net

-------------------------
久下格 http://aoisora.org

Created by staff01. Last modified on 2012-12-16 22:41:08 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について