本文の先頭へ
LNJ Logo 講談「谷中村の幽 霊が語る・田中正造伝」紹介〜現代日本が二重写しで見えてくる
Home 検索
 


佐々木有美です。

レイバーフェスタが12月15日に迫ってきました。
今回初登場の甲斐織淳さん(写真)の講談について、少し御紹介
します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 福島の原発事故以来、100年前の足尾鉱毒事件が汚染
公害の原点としてクローズアップされている。今年のレ
イバーフェスタでは、甲斐織淳さんが講談「谷中村の幽
霊が語る・田中正造伝」を語る。

 甲斐さんは、北海道の国労組合員だったが、分割・民
営で職場を奪われ、東京に広域配転で来た。東京でも国
労組合員として厳しい差別を受け続けた。定年退職後の
いまは関連会社で働いている。

 甲斐さんは学生時代から田中正造にほれ込み、鉱毒事
件にもたいへん詳しい。最近習いはじめた講談で、足尾
鉱毒事件をテーマに台本を作り語りはじめた。

 この話を聞いていると、100年前の日本と今の日本が
二重写しに見えてくる。民衆を犠牲にして開き直る政府
の対応、最後に女性が立ち上がったときの強さ、足りな
いのは一身を民衆救済のために捧げた田中正造のような
政治家の姿だけだ。

 田中正造の天皇直訴のシーンは、彼を制止しようとし
た騎馬兵の馬にスポットがあてられ、意外な展開をたど
ることになる。この謎解きが最大の山場。ユーモアと人
情味あふれる語りに笑いと涙をさそわれる。

 社会主義者の幸徳秋水や時の元老山縣有朋も登場して
興味はつきない。この続きはどうぞ、フェスタの会場で
お楽しみください。


――――――――――――――――――――――
レイバーフェスタ2012プログラム

●午前の部
10.00 開場
10.30 ドキュメンタリー映画「X年後」(83分)
    解説=木下昌明
 休憩 60分(12.00〜13.00)

●午後の部
13.00 主催者挨拶
13.10 講談「谷中村の幽霊が語る・田中正造伝」
    弁士=甲斐織淳
13.50 レイバーソングをつくろう・歌おう
15.00 3分ビデオ 28本一挙上映
16.50 ワーキングプア川柳「川柳で振り返る2012年」
    講評=尾藤一泉
 休憩40分 17.20〜18.00

●夜の部
18.00 中川五郎ライブ「We Shall Overcome アゲイン」
18.40 脱原発運動と文化
   「金曜デモ」映像ドキュメント/かんしょ踊り/ドラム隊
   ゼネラルアッセンブリー「いま、たたかいの文化を」
20.30 閉会挨拶(終了後、懇親会あり)

*ロビー企画「レイバー報道写真展」「壱花花の風刺漫画展」「織田忍・山谷写
真展」



Created by staff01. Last modified on 2012-12-11 17:52:55 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について