本文の先頭へ
LNJ Logo NPO法人 労働相談センター : シリーズ「解雇理由」10月分紹介
Home 検索
 


みなさんへ 
シリーズ「解雇理由」です。
2012年10月中にNPO法人労働相談センターと全国一般東京東部労組に寄せられたメール相談の「解雇・退職勧奨・退職強要」事例からまとめました。


******************************************************
シリーズ「解雇理由」2012年10月分
(「解雇・退職勧奨・退職強要」のメール相談事例のまとめ)
NPO法人労働相談センター
全国一般東京東部労組
2012年12月10日

1、一年間のアルバイト雇用を経て正社員として登用された。試用期間中に「能 力不足とミス」を理由に退職を促されている。不当解雇なのでは? アルバイト 中は雇用保険が未加入のため、今辞めたら一年未満なので失業保険もでない。残 業代もアルバイト時代から支払われていない。

2、翻訳。一年契約で勤続10年。「年内一杯で契約打ち切る」と会社。理由は「会社として若い人を雇用したい」とのこと。私は仕事上での瑕疵は一つもありません。一旦は了解してしまったが、こんな理由は納得できない。

3、営業。月20時間分の固定残業代制をとっている会社。しかし、20時間超えた超過時間に対しても残業代を支払わない。上司と何度も話し合ったが、逆に「仕事の要領が悪い、お前のやり方がおかしい」と怒鳴られる。ついに適応障害になり、医師から休職を勧められ、退職を決めたが怒りが収まらない。

4、派遣社員。残業をしたので、派遣会社に提出するため、派遣先に残業時間記録を求めたら「あなたは能力がないから超過時間仕事をしているのだから、記録は書けない」と言われ、あげく次回の更新はしないと言われた。

5、営業。この間、営業の成績がふるわずお客が取れないことが続き、それが気に入らない社長は、社員を自分から退職させようとしていた。突然「業務妨害で懲戒解雇」を言い渡された。理由は、以前社用車を塀に接触させ、ほんの少しへこませたこと。その時は、全然お咎めがなかったのに。今さら「懲戒解雇」の理由になるのか。

6、管理職。勤続15年。社長のワンマン会社。社長が突然「10日間で次の仕事を見つけて退職しろ」。理由は「仕事の取り組み方」と言われたが、全く身に覚えがない。日頃何一つ注意を受けたこともない。しかも自己都合退職扱いにするとも。

7、入社時「長期見込み」という約束で、1ヶ月の契約更新で6ヶ月間勤続した。突然「来月からは契約しない」と言われたので、会社都合退職のつもりだったが、会社は自己都合退職だと言う。10日間の有給休暇も出るはずだったのに。

8、派遣社員。5年間勤めた派遣先で、ある上司に嫌われ「次回の契約更新はしない」と派遣会社に連絡があった。嫌われた理由は「法事を理由に有給休暇を使いすぎる」とのこと。祖母の葬式を「若者がそんな法事に行くものか」と信じてくれない。こんな理不尽が許されるのか。

9、ホテルのフロント、17時から翌日9時の勤務。仮眠時間も休憩時間もない。解雇され予告手当を求めて裁判で争っているが、裁判の中で初めて就業規則を目にした。そこにはしっかり仮眠時間や休憩時間が設定されている。

10、20年間勤務。ある上司が嫌ってきて、いじめが始まり、何年間も続いている。密室で「もうやめたら?」「みんなが迷惑している」「嫌っている」と繰り返す。パニック障害になり、結局退職することになった。

11、3ヶ月更新の派遣社員、勤続5年間。派遣先が生産減少のため人員削減を理由に10名ほどの派遣社員に契約満了で雇い止めを通告してきた。しかし、雇い止めされた人は、派遣先の正社員に対して自分の意見をしっかり言える人ばかり、イエスマンは全員残っている。

12、メールだけのやりとりで採用が決まったが、10日後、「他の仕事を探してほしい」というメールが届いた。正式な雇用契約書などはもらっておらず、面接もしていないが、給与の提示のメールなど採用に至る経過のやりとりのメールは残っている。この場合でも労働契約は成立しているのか。

13、解雇される28日前に解雇通告を受けた。解雇予告手当2日分は請求できるか。

14、不正が発覚した事業所の閉鎖でスタッフ700名全員が解雇された。

15、大学の新卒者。長時間日夜残業代なしで働かされ、3ヶ月たった段階で、「仕事ができない」という理由で賃金を6万円下げると通告され、その後「やめてもらう」と言われた。月額10万円、本採用で50万円の「トライアル雇用奨励金」を悪用した詐欺まがいのやり方。

16、派遣。一週間後に契約が切れる。派遣先のセンター長のすさまじいパワハラに、あと一週間も働くのは耐えられない。今すぐやめたいのだが、やめられるか。

17、フルタイムの臨時職員、勤続10年。今回の労働契約法改正で、今後更新4回で契約を打ち切られるのではないかと不安です。
18、店舗。店長から「あなたの接客は、お店に合わない」「来月で辞めるか、週2・3時間程度働くか。どちらか選べ」と言われた。

19、管理職。50代。脳こうそくとなり、リハビリに励み、仕事のパソコンができる身体も戻り、ようやく復職できると上司に連絡を入れると「まだ休職していろ」と言われた。このまま1年6ヶ月が立つと自然退職になってしまう。

20、お店。試用期間3ヶ月が終わった段階で、管理職から「あなたにこの仕事は向いていないと思う」と退職をうながされた。「クビでしょうか」と聞いても、同じ言い方しか返ってこない。「いつまで働けるのか」と聞くと「それはあなたが決めて下さい」と言う。腹が立って、翌日退職した。

21、工場勤務。一年契約で4ヶ月勤務。身に覚えがない仕事上のミスを理由に「契約解除」通告を受ける。高圧的な管理職数名に取り囲まれ「退職勧告を拒むと解雇にする。解雇されると将来に響く」と退職願を書かされてしまった。

22、アルバイト。一週間で、他の複数のアルバイトから仲間外れやいじめに遭い、会社にも有ること無いことの告げ口をされ、会社から解雇された。解雇予告手当もない。

23、育休から復帰して、法律で認められた時短勤務で働いているが、会社から「法律の権利はあるが、そのしわ寄せは誰かにいく。上司も扱いづらい。今の勤務状況ではあなたの評価は上がらない」と、ことある事に退職を勧められ、些細なことでも注意を受ける。

24、45歳。5年前に正社員として勤めていた会社をリストラで解雇されて以来、以後勤める会社、勤める会社が倒産したり、解雇等で失業・転職を繰り返している。一向に落ちつくことができない。もう死にたくなる。

当該ブログ労働相談センター・スタッフ日記(写真も)
http://blog.goo.ne.jp/19681226_001/e/e48abc722e0b19cb74a0e3f30c042eea
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   ★★全国一般東京東部労働組合からのお知らせ★★
労働者にとって最強のセーフティネットは労働組合!
労働問題を労働組合加入で解決しよう!
生活と権利を守るため全国一般東京東部労組に加入しよう!

☆首都圏ならひとりでもだれでも入れます
・組合費は月額賃金総額の1.5%(加入金3 ,000円)
全国一般東京東部労働組合
website:http://www.toburoso.org
e-mail:info@toburoso.org
〒125-0062東京都葛飾区青戸3-33-3野々村ビル1階
TEL03-3604-5983/FAX03-3690-1154


Created by staff01. Last modified on 2012-12-10 13:31:49 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について