本文の先頭へ
LNJ Logo 報告 : 「女たちの戦争と平和資料館」でセミナー「ペ・ポンギさんを語る」
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 0915hokoku
Status: published
View


東京・新宿区にあるミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)では、今
年6月から「軍隊は女性を守らない――沖縄の日本軍慰安所と米軍の性暴力」をテー
マに、企画展が開催されている。
この期間中の特別展として9月15日、「翳奇(ペ・ポンギ)さんを語る」と題する
セミナーの1回目が開催され、多くの人々が訪れた。

ぺさん(故人)は朝鮮半島から連行された「慰安婦」として、初めて被害体験を語っ
た女性。
この日の講師であるノンフィクション作家の川田文子さん(写真)は、1977年から5年間ペさ
んから聞き取りを続け、その記録を87年、「赤瓦の家」という一冊の本にまとめた。

極貧の子供時代。何度も奉公に出されたペさんの話は、食べ物にまつわる記憶が多
かったという。
家族離散のあげくに3回の結婚を経験するが、どの夫にも生活能力がなく家庭を築け
ない。
職を求めさまよっていた1943年。「女紹介人」に声をかけられ、女性60人と共に釜山
から下関へ。
44年には鹿児島から沖縄に移動させられた。一面焼け野原の那覇を後に、渡嘉敷島へ
向かい、そこで日本軍の相手をする。

「アキコ」という源氏名で飢えと爆撃の日々をなんとか生き延び、敗戦後は沖縄本島
の収容所に入れられた。
出所後、職を求めて島内の放浪を続けるが、朝鮮への帰還船が出ていることすら知ら
なかったという。

長年の厳しい生活で身体を壊し、生活保護を受ける段階になって、ようやくその所在
が明らかになる。戸籍から出自をたどり、「慰安婦」だったことが世に知れ渡る。
在沖縄の朝鮮人夫婦の支援で、ささやかな平穏を手にするが、ペさんはなかなか重
い口を開こうとしなかった。

川田さんはぺさんの貴重な証言を、淡々と、詳細に語った。
「沖縄戦」といえば、とかく「集団自決」にからむ悲劇。すなわち「生きて虜囚の辱
めを受けず」と国家に刷り込まれ、潔い死を強要された島民たちの阿鼻叫喚の地獄
の沙汰や、「ひめゆり学徒隊」の献身的な行動が思い浮かぶ。恥ずかしい話だが私自
身、沖縄戦での朝鮮人女性の存在に、これまで思いが至らなかった。

取材体験をもとに語られたペさんと彼女をとりまく人々の実像に、参加者は静かに聞
き入っていた。予定時刻を過ぎても集中力を維持し、真剣な質疑応答が行なわれた。

会場からは、日本社会に連綿と続く「家父長制」という視点からの慰安婦問題へのア
プローチや、新宿のコリアンタウンで傍若無人な言動をする右翼団体についての
考え方などが問い質された。
川田さんは、個人にとって「最後のプライバシー」である性行動までも命令される軍
隊組織の非人間性を指摘。
「大きく見れば、慰安所の利用者もまた被害者であり、戦争という行為じたいが、強
姦や慰安所を必要としている」と、システム全体の犯罪性を暴いた。

また、昨今の右翼団体が特に「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」問題=史実の修正や否
定=に力を入れることについて、「それは、誰が見ても明らかな戦争犯罪であり、そ
の象徴的な行為だから」と解説した。
司会のフレンドリーかつ手なれた進行で、あっという間に過ぎた2時間半。館内に
は、表題のパネルがところ狭しと展示され、若い来場者が熱心にメモを取っている
姿が印象的だった。

「翳奇(ペ・ポンギ)さんを語る」セミナーの2回目は、9月29日に開かれ、「沖
縄戦を知る」セミナーは10月、11月の2回シリーズで予定されている。
詳しくは、同館のHP http://www.wam-peace.org/  で。(Y)




Created by staff01. Last modified on 2012-09-17 16:15:00 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について