本文の先頭へ
LNJ Logo 自由法曹団の声明 : 思想・良心の自由と労働基本権を踏みにじる大阪市職員調査の即時中止を求める
Home 検索
 


思想・良心の自由と労働基本権を踏みにじる
大阪市職員調査の即時中止を求める声明


今月9日、橋下徹大阪市長は、大阪市の全職員(一部の職を除く)に対し「労
使関係に関する職員アンケート調査」に回答するよう業務命令として命じた。
同調査は、職員の氏名、職員番号等を明示させた上で、政治活動や組合活動に関
する質問に答えさせるものである。そして、同調査は「市長の業務命令として」
回答をすることを命じ、正確な回答がなされない場合には処分の対象となりえる、
として、職員に対し回答を強要するものである。

かかる同調査は、職員の基本的人権を侵害するものであって、断じて容認するこ
とはできない。

第1に、同調査は、街頭宣伝に参加したことがあるか、他の職員から投票依頼を
受けたことがあるか、その職員は誰か、など、職員個人の内心の自由に属する事項
の回答を強要する。これは、思想・良心の自由(憲法19条)を侵害する思想調査
そのものである。また、地方公務員も地方公務員法36条等の規制を除き原則とし
て自由に政治活動を行うことができるのであり、職員の正当な政治活動を詮索する
行為は、職員の政治活動の自由(憲法21条1項)をも侵害するものである。

第2に、同調査には、組合に加入しているか否か、組合に加入することによるメ
リットがあるか、組合費がどのように使われているか知っているか、など、職員に
よる組合活動の内容を詮索するだけでなく、職員と職員組合との対立を煽る質問事
項が設けられている。かかる質問自体、職員組合への支配介入にあたり、職員の団
結権・組合活動権(憲法28条)を侵害するものである。

同調査が職員の基本的人権を侵害するものであることは明らかであり、職員はこ
れに回答すべき義務はない。したがってまた、市当局が回答しない職員に対し懲戒
処分をすることは許されない。

自由法曹団は、職員の思想・良心の自由、政治活動の自由、労働基本権を侵害す
る同調査を、直ちに中止するよう求める。また、違憲・違法な同調査によって取得
したデータは直ちに廃棄するよう求める。

2012年2月14日
自由法曹団
団長篠原義仁


Created by staff01. Last modified on 2012-02-15 20:14:54 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について