本文の先頭へ
LNJ Logo 「裁判所前の男」大高正二事件・第4回公判の記録
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1309614623357st...
Status: published
View


以下寄せられたのは、「裁判所前の男」大高正二さんの第4回裁判の記録である。今回も「報道記者席」5席は空席で、多和田裁判長は5人の傍聴権を意図的に奪った(この件は「週刊金曜日」最新号に詳しい)。内容は大高さんの「被告人質問」だった。大高さんのケータイ取り上げ、強制退去など裁判所がこれまでやってきた異常な対応が明らかになり、今回の事件が、裁判所がでっち上げたものであることが、ますます明らかになった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大高裁判傍聴・私的メモ

2011年7月1日 第4回期日
東京地裁429号法廷13:30-16:30

刑(わ)第2949号 
東京地裁刑事第10部 公務執行妨害、傷害

被告 大高正二

裁判長 多和田隆史
裁判官 本間敏広
同 寺千尋(旧姓山田)
書記官 中條朋子

検事 山本佐吉子
同 大滝則和

 抽選倍率は32席に対し46人。白シャツにスーツのズボンという庁舎管理課と思われる人が何人もいる。私も、同行者も抽選に外れたものの、支援者の方から譲ってもらう。
 入廷前に例の荷物預けと金属探知機検査。

 入廷した後開廷(宣言)前にもかかわらず、裁判長が傍聴人の発言を制止。白カバーの「報道記者席」は前回同様5席。最後まで誰も座らず。

 開廷し裁判長の注意

裁判長 笑い声、挙動不審があったら退廷、カメラ・録音機を持っていても同じ。法廷内外で秩序を害した場合は拘束もある。
<前回は法廷内外という表現はなかったように思う。今回から法廷外も対象にするという。法廷外の範囲を確認したかったが>

 まず、弁護士から被告人質問が始まる。

弁護士 あなたは杉田さんを殴ったとして起訴されたが、何か言いたいことは

被告 たくさんあります。
 杉田さんのやっていたことが公務かどうか知っていたか。
 (退去命令)執行中に私に暴力をふるわれ傷害を負ったと起訴状にあるが、退去命令が公務かどうか?退去命令は法律か?
 法律なら強制力があるが、庁舎管理規定で法律ではない、それに強制力は無い。最高裁の作った規定で法律ではないので強制することは間違い。庁舎とは役所の建物を言う。一般国民は自由に入れる、管理者が勝手に規定を作ることはありえない。

弁護士 それに対する危惧は?

被告 役所に行く人がいなくなる。利用者の利益になることを、利用者が嫌がることをやめましょうと呼びかけるものなら分かる。
 裁判長!強制力のあるものがあったら行く人がいなくなり、役所に人が来なくなるので、困る。各人の家を役所が回らなくてはならなくなる。
 強制力、拘束、留置は警察官しかできない。法律を犯した人でないとできない。裁判所は公共施設で税金でできている。大家は国民であり自由に使えるはず。

弁護士 カメラ付ケータイで命令を受けていますか?平成21年に(裁判所)職員とトラブルになったが

被告 この法廷でものものしいバリケードと警備員の光景を見たのでケータイで撮ったら、「消せ」と追いかけまわされた。他の法廷では(バリケードと警備員は)やっていないので、なぜという思いで撮った。来庁者は写っていなかった。バリケードで先に行けなかったから。(来庁者)服装からしてそう。来庁者を撮る気はなかった。ネットに流すとは考えていなかった。
 撮ったら3,4人来て記録を消せと迫られ、ケータイのフタを閉めた。(ケータイで)写真を撮ることに慣れていないので保存を押したかどうか分からず、撮れていなかった。係りの人に預けた間に消されたかどうかは定かではない。部屋(荷物保管場所?)に入って「オレのだ」と言って持ってきたら「消せ、消せ」と迫られたから、(裁判所職員が)消していなかったと思う。つまり私が保存していなかったと思う。
 傍聴が終わってからは玄関を出るまで職員はずっと傍に居て「消せ、消せ」と言われ、出たら居なくなった。持ち込み禁止は次回の金属探知機の時に言われ、外にあるバイクに置き(裁判所内に)入るということを続けた。
 持ち込み禁止の根拠の説明は、「規定にうたわれている」としか言わない。なぜいけないのかときいても、それ以上の説明は無い。食い下がると退去警告、次に命令となって引きずり出す。役所のやることではない。
 利用者に対しきちんと説明をしない。従う気が無いと無理やり引きずり出され、救急車で運ばれたこともある。
 暴力でしょ!裁判長!
 公務だとはふざけている。違法行為でそれが公務とは?いかがですか裁判長?
 その後は(写真を)撮ったことはないが、持ち込みはした。傍聴する時、玄関の持ち物検査の時に他の人に預かってもらい、何回か持ち込んだ。玄関入った時に5,6人居るし、離れたところにいる人も含めれば10人は職員がいるから撮れるはずがない。
 国民のトラブルを解消するところが裁判所であるから裁判とは何か国民に知らせる必要があるのに、我々の問いに答えたことがない。教えてくれないから何回もきくと、仕事にならないから帰ってくれと言われる。挙句の果てに退去命令。裁判所のすることではない。

 この(事件の)前に公務執行妨害は千葉であった。暴行現行犯は東京であった。録音・録画がなぜいけないのかを答えてくれないので、持って玄関から入ろうとするとブロックして入れない。方向転換のため左回りに回ったら1メートルから1.5メートルのところに居た総務課課長補佐伊藤強(いとうつよし)が尻もちをつき、ころばされたと言った。他職員は何も言わず本人だけが言う。制服警官も近くにいたのに何も言わない。後に私服が来て正門に戻って制服警官と話していたら、暴行現行犯だと言われた。10分から15分たっていたのに現行犯で逮捕された。
 勝手にころんだという一般の(人の)発言があり、(その人が)署に電話を入れたのに取り調べられなかったときいた。伊藤は私に肘鉄をくらったとなっていて21日間丸の内署に勾留され家宅捜査された。別件逮捕が目的だったと思うが、ブルーフィルムや大麻覚せい剤などが出てこなかったので、不起訴と言われ、何の不起訴か告知してくれときいたら出せない、と言われた。後でもらったが、その時には出さない。起訴猶予だという、本来嫌疑がないのに、目撃者がいたにも関わらず。

 今回は4回目の逮捕。
 裁判所のデタラメ判決で迷惑をこうむった。そのために改善すべく裁判所前でマイクを握り訴えはじめた。裁判所の悪事を言い出した。5年前から。裁判所が(悪事を?)指摘されたのに、言った私を拘束し、微罪で半年も勾留されるのか?逃亡のおそれなどふざけている。やっていないのに証拠隠滅のおそれもない。逆にねつ造の時間かせぎか?裁判所が悪事がばれるのが怖いのか。
 人事的にもやっているでしょ(国にとって歓迎いない判決をした裁判官が人事的に不利をこうむることを指しているのか?)。
マチダアキラが研修所長の時代に新人研修生に「ヒラメになってほしくない」と言っているのに実態は違う。裁判を受けた人でないとこのカラクリは分からない。悪質である。
 今日も刑事訴訟法23条3項(後注)に違反しているでしょ。忌避申し立て当事者本人は関与できないはず。それと(忌避を)棄却したのはあなた方三人で、あなた方が犯罪者だ。
 抗議活動の内容はデタラメをやめてくれと主張した。負け犬の遠吠えになってはと思い具体的な事例も示した。(裁判官に)分かりやすい裁判をやっているか?文書だけで説明しない。責任持たない。
 (抗議活動は)1日3,4時間やっていた。だいたい毎日。街宣で裁判所とのトラブルはない。入るとモメることはあった。マイクは外からなので(裁判所からの)嫌がらせはなかったが、警察官からはあった。バイクの場合は運転手が近くにいればいいはずなのに、駐車違反と入れ代わり立ち代わり言いに来る。カンバンも邪魔だと言われ、ずっと見ているのも嫌がらせと思った。
 
 退去は30回近いと思う。今回殴っていないのに公務執行妨害で逮捕された。コブができた、帽子が飛ばされた、と言うが帽子の上からたたいてコブができるのか?(杉田証人に)質問したかったが、退廷させられできなかった。偽りの証明ができず残念だ。

 ここで弁護士がかわる。

被告 8月10日は424号法廷に傍聴に行った。これは予定していた訳ではなく街宣していたら傍聴を誘われたので行った。杉並区の中学校で学習塾をやっていて、タダで貸しているので区長に異議を唱えた裁判。「夜スペ」(後注)と言ったと思う。
 この日はケータイを一緒に行く人に預け中で戻してもらった。(ケータイを)バイクに置かなかった理由は無い。貴重品だし持っていたかっただけ。写真を撮ろうとは思わなかった。撮るスキを与えてくれないから無理だし。法廷に入ってからケータイをポシェットから取りだしマナーモードにし、(ポシェットに)しまった。
 傍聴席で騒いでもいない。(公判は)30分ほど続き、終わった後外に出た。すると職員がドアを出た所で「ケータイを持っていますね。退去してくれ」と言われ、傍の知人に預かってくれと渡したのに退去命令になった。警告はなかった。持っていなかったから、知人に渡してもダメだった。いつもながらのデタラメと思った。今日は抵抗すると宣言し抵抗しもがいた。ベルトを掴まれアザができた。
 押さえら(抑えら?)れたから抵抗した。職員は15人は居た。同年代の男性と比べて腕力は並より上。片方2人ずつ、後ろからベルトを掴まれひきずり出された。やられる必要のないことだったので、腹がたった。
 424号を出て、4階荷物用エレベーターまで連れていかれ、それで1階に行き第二南門に連れて行かれつまみ出された。

弁護士 靴が脱げた記憶はありますか?

被告 靴が脱げたという記憶はない。最後の4,5段の階段で最後の抵抗をしたが、靴は脱げなかった。脱げたという靴は門の中で渡されたはず。杉田警察調書では靴が脱げていて警備員のハシモトが「ここに置いておく」という発言をした、となっているが記憶は無い。どこに置いたのかと思う。
 サイズは26.5センチ。靴が脱げるという事は普段でもない。
 出された後門は閉められた。カンヌキまでおろされ(された?)ていたはず。その後職員に大声で叫んだ。文句を言った。その時には門は閉まっていた。ハシモト警備員(前回証人となったハシモトとは別人)になぐりかかろうとしたと、前回(証人の)ハシモトの調書にあるというが、自分から暴力をふるったことは一度もないので、嘘だと思う。

[甲5号証、実験見分調書、写真6を示す]
弁護士 (金属製の)カンバンがあるが、外からたたいたり、倒そうとしたりしましたか?

被告 意味のないことなのでしません。

[甲5号証、実験見分調書、写真7を示す]
被告 門の上に腕を(腕全体を乗せるように)かけていた。門扉は135センチある。(被告が鎖骨の上、首の根本付近を指し示す)肩と腕が同じ高さになるように両腕をかけていた。

弁護士 門扉の下のワクに足をかけたか?
被告 入りません。縦格子の関係で足が入らないし、足をかけた記憶も無い。

弁護士 ジャンプをして腹を乗せる態勢をとったか?
被告 お笑い、ねつ造です。
 鉄棒なら分かるが、(首の付け根の)ラインが門扉の上であるから、両手を置きジャンプをして門扉の上に腹を乗せることはできないだろうし、記憶も無い。内にいた職員で最も近いのは杉田さん。当時から顔だけは知っていた。その方を殴っていない。外から手を左右に振った(高さは腕と同じ)ので帽子が飛ばされたかもしれない。興奮していたからなんらかの意図があったのではない。あったかもしれないが…はっきりしないが杉田さんが帽子を飛ばされた、と言うからこの行動かなと思うだけである。
 触れた記憶は無い。
 恨みも無い。人を恨むと癌になるとおふくろから言われていたので。裁判所にはただ直してほしいという気持ちだけ。殴る動機がない。杉田さん自身どう殴ったか証言していないはず。ねつ造があきらか。
 鍵を閉めようとしていたというから、(私が)激しい動きをしていたら、止めようと思うはず。それをやらずに施錠だけ一所懸命やっていたと言うのは変。
 4階から下まで大声を出したので気分が悪くなり横になった。職員が「大丈夫か」と声を掛け救急車を呼んでもらい、市ヶ谷の逓信病院へ行った。(横になったのは)外に出されて4,5分経ってからだと思う。
 診断は、両腕にすりむき傷と発赤、胸に擦過傷(すりむき傷)。その他検査をした。ヒリヒリした痛みがあった。診断書は要求しなくともくれた。打撲と擦過傷となっていたと思う。腕、胸の治療は静養1週間だったか…打撲で1週間。
 その後、パトカーが病院まで来てくれた。一人は顔なじみの警部補で帰りに乗せてくれた。「被害届出すから丸の内署へ」と言ったら受け付けないと言われたが、署に入って刑事課フジイヒデシ課長代理の所へ行って被害届を頼むと、「呼びすてにするなよ」と(軽口を)言葉を交わした。2,3分話したら抱きかかえるように取り調べ室から出され、外に出された。その時警部の首のところにあった腕に力を入れて絞めるようにしたら、警部は脇をつねったので「こんなことしていいのか?」と言ったら「触るだけならいいんだ」と言ったので、首を触ると言って首に手を(おっつけるように)やったらもがいた。
 パトカーは私が行ってくれと行ったので丸の内署へ行った。本来親切心か?と思う。パトカーの中で事情を聞かれたこともない。その後裁判所に戻りバイクで帰った。

 丸の内署の前で犯罪組織だと(街宣の)批判発言をした。裏金、でっちあげ、同僚の犯罪の隠ぺい、暴力団との裏取引、道を走るドライバーは応援してくれた。
 11月初めに逮捕された。容疑は杉田さんを殴った傷害、公務執行妨害、裁判所や警察署は、警視庁前でも抗議したが、(抗議を)止めさせようとして3ケ月経ってから逮捕した。
 杉田さん自身が証言内容で、こんな事件にまきこまれたと涙声になったというが、被害者なら正々堂々と自信を持っていいはず。殴られていないし、(本人ではなく)事務局が告発しているし、(傷について)嘘をつかされているから泣き声になった、良心があるんだなと思った。(この事件は)裁判所が作り出したとか考えられない。裁判所は尋ねた事には一切答えないし、退廷させる。検察の言う事しか通らなくなるのは不公平。刑務所に入れ街宣させないようにするとしか思えない。有罪にしようとしている訳でしょ。違法なことまでやって。

 最後に公務執行妨害が成り立たない。起訴段階で却下すべきだった。(裁判所は)よく考え欲しい。

大滝検事反対質問

検事 ホームページの内容は
被告 4回のでっちあげ逮捕時、裁判所で使われた書類や公判調書等を掲載している。
 (撮ったといわれているカメラ付ケータイの写真は)普通ではやっていないことだから写したので、その時は思わなかったがホームページに載せるという考えはあると思う。

検事 (本件の)裁判資料が入ったら載せるのか?
被告 弁護士にも類が及ぶのでやるつもりはない。罰金30か50万円だからたいしたことはないが、弁護士に迷惑がかかるので、載せるつもりはないが全面的に否定するつもりもない。
 忌避申し立ての件のようにインパクトがあったら公表したいと思うかもしれない。

 退去命令は記憶では30回と言ったが、15回から20回はケータイ(が原因)だと思う。(退去命令は)8月10日以前にもあったし、後にもあった。

検事 退去命令で自分の意思で出たことはないのか?
被告 必ず押さえられる。抵抗したのは1回きり。(ケータイを)預けたのに押さえたから抵抗するぞと言って抵抗した。触るなと言っても触ってくる。ここでもそうだ。宣言は命令が出て少したってから。足をからめたり、頭を振ったり、噛みつこうとしたり、結局届かないから大声で叫んだ。と言っても2語から5語くらいだと思う。
 自分の意思で出ようとは思わなかった。それは(退去命令が)違法だから。その日一日入れないし、売店に行くこともできないから。
 職員から殴られたり、蹴られたりはない。言っていることはマトモだから興奮したと言っても激昂といったものではない。

 杉田さんが帽子を飛ばされたと言うから、腕を左右に振ったからかと思った。職員は、ほとんど自分に向いていたのに目撃証人がひとりというのは不自然。暇だから(自分の方を)見ているはず。
 振り向かせるというインパクトのある事があったかという質問はおかしい。カンバンをたたくなど手が痛いだけ、出されて5,6分の間門扉のところに居た。その後寝た。

 杉田さんが守衛であり警備員と違うことは知っていたし、帽子に金線が入っているからヒラではないと思った。(杉田さんは警備員ではないので)直接手を下していないという事は分かっていた。制服でないナカヤマ、シミズなどはワイシャツに紺のズボンで違う服で、(彼らが)周りにいることはあるが手は出さない。職員の違いは分かっていた。

山本検事に代わる。

被告 命令執行が30回あった。受けるようになったのは3年以上前から、カメラ付ケータイが違反し執行されたのは初めて。
 他の理由は判決中身が理解できない、あるいは公判に出てこない理由が判決にあり、それが何でかと聞きに行くと書記官が出てきて埒があかない。裁判官にきいてくれと言っても聞かない。「(私が)居たんでは仕事ができない、帰ってくれ」と言われる。

検事 その時大声で騒ぐ
被告 検事、一言多い。相手が言うから(声が大きくなる?)

検事 拡声器を持って入ろうとしたか
被告 拡声器で話しながら入ることはできない。中に入れない。

検事 ビデオを撮影しながら入ったことがありましたね
被告 ビデオカメラは持っていない。
 カメラをもって撮影しながら入ったことはない。テープレコーダーはある。職員は初めは話したが、(後に)話さなくなり、(テープレコーダーを)持っていることが禁止された。

検事 所持品検査の時に騒いだことがありましたね
被告 ない。

検事 服を脱いで寝転んで騒ぎませんでしたか
被告 股引で入ろうとしたことはある。検査でどうのこうの言うから。

検事 命令執行された
被告 服装がダメだから入構阻止で警察官を呼ばれ、命令ではない。管理規定を説明しろと言い、最高裁長官のサイン入り書面を渡してもらった。それは職員に対しての規定でしょ。義務権限があるという規定。

検事 規定そのものの改善を考え、陳情、抗議をしたか?
被告 なぜ私がしなければならないのか。相談したこともない。執行が不法でしょ。(管理規定は)昭和43年制定。

検事 境界確定訴訟で何度も裁判所に立ち入りましたね
被告 境界?境界ではなかった。(裁判所は)怖くて入れない、いつも緊張していた。自分の裁判であっても。
検事 民事で不利判決が決定し、裁判官や職員を逆恨みして妨害するようになったのでは?
被告 (民事は)正当な主張だ。そんな質問するな。
 
検事 ケータイを受け取ったのは法廷外だが持って入廷した。傍聴は済んでいるのだから自分で退去すべきでは
被告 (閉廷後に)反省会のようなものを待合室で行うが、それに参加したかった。退去は困る。(ケータイを)持っていないと言っても、どこに行けば命令しなくなると思うの?

検事 任意に退去していればいいのでは
被告 (反省会があるから)だからそこに居たかった。
検事 意見なしとして手をかけてきた?
被告 そう。
 門の上で手を左右に振る、カンバンに手をかける、この行動はやったという確信は無い。カンバンは2メートル離れている。

検事 ひじ打ちとしたと?
被告 認めていない。
検事 振り向いたらうっかり当たったと言っていませんか?
被告 言っていない。乱暴のあった時に言わず、被害届の段階で出てきた話。警察できかされず、後で(ひじ打ちのこと)聞かされた。まともな調べはされていない。
検事 うっかりと言うのは、故意ではないと弁解するためでは
被告 彼が帽子が落ちたと言うから、そう言ったまで。
検事 前回(公判)の退廷命令の理由は
被告 訴訟指揮が悪いと言っただけ。不規則発言ではないでしょ。声が小さいから大きくと、それが不規則発言か?裁判長も証人に注意したでしょ。
検事 尋問のさなか、被害説明のさなかではないのか?
被告 違う。検事質問がくだらない。
検事 証人尋問を妨害したのか?
被告 ならいつ注意すればいいのか?声が小さいからその時のタイミングで、証言に不都合があるから。変な質問をしないでくれ。裁判長注意してくれ。

裁判長 前回の事件を中心にきいてほしい
被告 顔を合わせると動揺するという心理はわからない。遮蔽が意味がない。証人が動揺し声が詰まったがその状況は見ていない。傍聴者から聞いた。嘘だからと言ったが他の原因は?
検事 (証人は)精神的に参っていて、(被告の)声を聞き、いやがらせを受けた事件を思い出し感情が高ぶって
被告 私がいついやがらせをした?勾留されているんだから、ふざけたことを言うな。
検事 被告はだっちあげと言うが、でっちあげは30回の中でいつでもできたのでは?なんで今回が事件になったのか?
被告 立件できなかったからでしょ。裁判所がどんな判決を下すか大変関心が強い。
検事 診断書を要求したのか?
被告 記憶が無い
検事 警察官が現場に職員通報で来ていたか
被告 いない。来たのは救急車の後。
検事 取り調べされると予想していなかったか?
被告 公務執行妨害していないし、(取り調べの)予想はしていない。周りの人も(公務執行妨害と)言っていないから。
検事 先手で被害届を出すために診断書をとったのでは?
被告 先手とは?何の先手?
検事 他の警察署に行こうとは思わなかったか?
被告 (思わなかった)管轄が丸の内署だから。
検事 社会復帰とした後、街宣は続けますか?
被告 当然続けます。裁判所はきいてくれない。改めてもくれない限りは続ける。管理規定に関しても。

弁護士 平成21年の法政大学の事件でバリケードがあり写したと
被告 写真は写っていなかったからホームページ掲載はできなかったし、考えもなかった。
弁護士 命令執行は30回で。ケータイが原因のものは15回入構できなかったとなっているが、1回と言っているが
被告 自分の意思で出たこともあり、強い抵抗は今回が初めてででっちあげるなら恰好のケース。3ケ月後に逮捕っておかしい。(告発も)コブができている本人ではなく事務局というのも。
 職員に対する暴行でっちあげ逮捕の1回目は職員のイトウ、2回目は警察官がマイクを取り上げたので。届出してあり、音量を注意された。マイクを止める理由がない。何デシベルと言うなら分かるが。手を放してくれとやったら公務執行妨害になった。
 千葉興業銀行事件は警察官に対する公務執行妨害で10日間の勾留だったが、不起訴になった。
 3回目は名誉毀損で、(逮捕は)今回で4回目。裁判所職員に対しては2回目で暴行は2回。
 8月10日は抵抗しようと考えた。怒りのあまり覚えていないということはない。(門扉で)手を伸ばして左右に振ったことは確信がない。殴られて帽子を落としたと言うから合わせたので、記憶がある訳ではない。上下に腕を振ったこともない。

弁護士 境界線確認訴訟ではないですね
被告 借地上建物を建て替えをし大家(地主)から契約違反で出ていけという明け渡し訴訟を起こされた事件。判例から(明け渡しは)無効と訴えたんですね。上告の段階で地主承諾が必要無いという昭和51年6月6日付けの判例があることが分かった。建て替えも突然ではなく、手紙で11回も交換した後にしたもの。ところが弁護士が古いという理由で判例を上告理由にしなかった。再審請求も却下された。特別抗告やったら最高裁も、法令違反であり憲法違反ではないという理由で棄却。16回も裁判をやったがダメ。
 それで正規の(抗議)方法ではだめだと思い、裁判所前で抗議するようになった。憤りからだ。
 管理規定がおかしいのは、敗訴判決とは無関係。平成21年の写真撮影による命令はいつまで持ち込み禁止かという説明を受けていないし、文書も貰っていないが裁判所が責任が発生する文書を出すわけがない。
 当時私は杉田さんの前に立っていた。杉田さんと追い出すひとたちと制服が違っていたので、杉田さんには恨みをもったということはなかった。自分の不満を暴力で訴えるという考えは無い。
 外に出た5分から10分の間に職員の言葉は公務執行妨害とか、一切なかった。

弁護士代わって
弁護士 8月10日の杉並区の夜スペ傍聴後反省会に参加したかった?
被告 (法廷から)出てきたらケータイは知人に預けた。それは職員が目の前で見ている。それにも拘わらず命令が来た。マナーモードにするために出したにすぎないのに。


大滝検事 知人に預けたケータイは後で受け取るつもりだったのか?
被告 ケータイを持っていてはいけないということはないし、そうだったと思う。公務執行妨害になるのか?
検事 職員がした行為が警察官による行為だったら?
被告 理由があるのならいい。その時はケータイを持っていないのにやったから納得できない。私は法律に従う。刑務所に行くのは覚悟している。

弁護士 争点整理できくが、規定で職員が執行するのは違法だとのこと。もし、適法だと仮定した場合、押し出しは違法と思うか
被告 何回も法律なのかときいている。法律だと言うなら従う。抵抗の反動だろうから、抵抗しなくても本人の自由を束縛するのだから暴力であり、違法だと思う。


寺&#59336;千尋裁判官 前に力ずくで出された時のケガは
被告 抵抗しなかったからなかった。
 今回は抵抗したから。体全体をふりほどこうとした。両腕の擦過傷はひどかった。胸にもあった。

裁判官 門の外に出された後、左右に腕を振ったと言う記憶は
被告 やったかどうか、記憶としては無い。
裁判官 帽子を落としたのは?
被告 記憶は無い。弁護士から(杉田さんが)そう言っていると聞いたのみ。


本間敏広裁判官 執行が違法の理由は
被告 行動を阻害するから暴力であると思う。倒して押さえ込み足まで持ち上げお神輿にする。暴力ではないか。

裁判長 命令が違法というのが前提か?
被告 そうだ。
裁判所 抵抗しようと思ったのは?
被告 ケータイを持っていないのに退去と言うから抵抗すると言った。
裁判長 反省会に出られないから特に抵抗したのか、それが主か?
被告 主はケータイを預けたのに退去命令を出したのがおかしい。反省会参加ができなかった。
裁判長 杉田さんは「何をしているのか」と言ったと言っているが
被告 どこで?
裁判長 南門で。殴られた場所で、門扉を隔てて
被告 聞いた記憶は無い。ずっと前、正門を5メートル入ったら「いい気になるな!」と言われたのが(声を聞いた)最初で最後。
裁判長 杉田さんが声をかけた時、被告は無表情で顎を門扉に乗せたままと言っているが
被告 気持ち悪くなる前の段階でしょう


裁判長 次回は証人二名採用になっていますが、申請を維持するか
検事 必要とは考えないが維持する

裁判長 次回は7月8日13:30から。ナカヤマ、シミズの証人尋問を行う。主尋問45分ずつで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


刑事訴訟法
第23条
 合議体の構成員である裁判官が忌避されたときは、その裁判官所属の裁判所が、決定をしなければならない。この場合において、その裁判所が地方裁判所であるときは、合議体で決定をしなければならない。
2項
 地方裁判所の1人の裁判官又は家庭裁判所の裁判官が忌避されたときはその裁判官所属の裁判所が、簡易裁判所の裁判官が忌避されたときは管轄地方裁判所が、合議体で決定をしなければならない。ただし、忌避された裁判官が忌避の申立てを理由があるものとするときは、その決定があつたものとみなす。
3項
 忌避された裁判官は、前2項の決定に関与することができない。


夜スペ
 杉並区の「和田中学校地域本部」が主催する『夜スペ』と名付けた3年生を対象とした補習授業。(2008年1月26日より実施)。
 これは公立中学校では難しいとされる学力上位層の学力伸張を目指し、都立の進学指導重点校や私立の中上位校を目標とするものである。
 具体的には、大手進学塾サピックスより講師を派遣してもらい、成績上位者を対象に有料(1万円〜2万円)で補習を行う。一方で成績下位の生徒を対象とした「土曜寺子屋」という補習授業体制も組んでいる。マスコミ報道される場合、この学力不足の生徒に対する(無料の)補習を既に行っていることはあまり報道されなかったため「成績上位者だけ補習」という間違えた指摘もあった。また、地域本部が実費を負担し、費用が払えない生徒には授業料を免除している。
 夜スペについては「学校の特色としては良い」という意見がある一方、1月8日の実施前日になって東京都教育委員会などから「機会の均等に疑義がある」「特定の進学塾との関係についても同じく疑義がある。」「公務員の兼務・兼職を認めない原則から外れている。」などと指摘し、一時実施は見送られた経緯がある。東京都教育委員会は最終的に「指摘した疑義はクリアされた」と容認する方針を固めた。
 2008年3月24日に、夜スペは公共施設の目的外使用であると実施の中止を求めた仮処分申請を杉並区住民49人が東京地裁に提出した。なお、この49人の中には、和田中学校生徒の保護者は含まれていない。
 夜スペを始めてから当校に入学を希望する者が学区内外から大幅に増えており、「公立中の成功例」として伝えられている(ウィキペディアより)


Created by staff01. Last modified on 2011-07-02 22:50:31 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について