本文の先頭へ
LNJ Logo コンピュータ監視法の制定を許してはならない
Home 検索
 


みなさま

角田です。

コンピュータ監視法が衆議院で可決され、参議院に送られ、6月7日
から審議入りします。
政府・法務省は、会期の大幅な延長の方向が明確になったにもかか
わらず、コンピュータ監視法の制定をいそいでいます。
7日の法務委員会での大臣の趣旨説明、9日与野党質疑、14日参考人
質疑、採決とわずか3、4回の審議で採決に踏み込もうとしています。
この異常ともいえる拙速な法案審議・採決の背後には、一日も早く
廃案となった共謀罪の復活審議・制定と、法務省の長年の課題である
盗聴法大改悪への衝動があります。
法務省の策動を打ち砕くためにもコンピュータ監視法の制定を許して
はなりません。

・法務委員会を傍聴し、同法反対の委員を激励しよう。
傍聴希望の方はTEL090-2669-4219にご連絡ください。

・参議院法務委員会理事・委員に慎重審理を求めるFAXを送りましょ
う。http://www.anti-tochoho.org/ をごらんください。

・6/9コンピュータ監視法、共通番号制反対の院内集会に参加しよう。

<転送歓迎>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6・9
監視・管理社会はごめんだ!
コンピュータ監視法、共通番号制に反対する院内集会

■と き
2011年6月9日(木)13:00-14:30

■ところ
参議院議員会館B108会議室

■発言
国会議員
山下幸夫さん(弁護士)
清水雅彦さん(日本体育大学教員)
宮崎俊郎さん(反住基ネット連絡会)
浜田忠久さん(JCA-NET理事)
安田幸弘さん(レイバーネット)
印鑰智哉さん(JCA-NET会員)
ほか

■共 催
盗聴法に反対する市民連絡会 
反住基ネット連絡会

■連絡先
東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
日本消費者連盟気付
TEL090-2669-4219(市民連絡会)
TEL080-5052-0270(反住連)


Created by staff01. Last modified on 2011-06-06 11:47:58 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について