本文の先頭へ
LNJ Logo 核戦争に反対する医師の会声明 : レン トゲンの放射線量と比較する報道はおかしい
Home 検索
 


*転載情報(cml)

広島共立病院 青木克明です。反核医師の会では以
下の声明を発信しました。
ーーーー
福島原発事故についての声明
2011年 3月16日
核戦争に反対する医師の会(PANW)
             代表世話人 
                       
     児島  徹
                       
     山上 紘一
                       
     中川 武夫

3月11日午後にM9,0という東北太平洋沖大地震
は、大津波によって多くの犠牲者を生み出すととも
に、東京電力福島原子力発電所原子炉の炉心溶融、
爆発を次々と引き起こし、放射能汚染の濃度と範囲
を広げました。ことに1号原発3号機はプルサーマ
ル発電でプルトニウムを使用しており、拡散した場
合の危険は計り知れません。未曾有の大震災で住ま
いや家族を失った上に被曝の不安にさらされている
被災者の苦しみは察するに余りあります。

巨大地震の下では、世界で唯一、地震多発地帯の上
に原発を建設してきた国策が誤りであったことが実
証され、我が国の原子力安全神話ももろくも破綻さ
せられ、原発依存の我が国のエネルギー政策の早急
な大転換・見直しが迫られています。またチェルノ
ブイリ原発事故を想起させる今回の事故は、世界中
からも憂慮の眼で見られています。

こうした中で看過できないことは、テレビをはじめ
とする報道機関が、原発の放射能汚染の危険をレン
トゲン撮影の放射線量と比較するキャンペーンをし
ていることです。ウラン、プルトニウム、セシウ
ム、ヨードなどの放射性同位元素による原発汚染の
危険性を無視することは容認できません。

私たち、核戦争に反対し、核兵器廃絶をめざす医
師・医学者は、今回の未曾有の大地震の被災者に対
して心よりお見舞い申し上げ、出来る限りの支援活
動に取り組むとともに、原発事故について政府と東
京電力に以下のことを当面対策として強く求めるも
のです。

1、福島原発事故に関わる正確な情報を迅速に収集
し速やかに公表すること。
2、事故処理に全力を傾け事態の拡大を防止すること
3、国内備蓄のヨウ素剤の活用など、住民の被曝拡
大防止と被曝者にたいする適切な治療を迅速におこ
なうこと。

Created by staff01. Last modified on 2011-03-16 16:17:49 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について