本文の先頭へ
LNJ Logo 報告 : 「原発事故とマスコミ報道」の講演が大盛況!
Home 検索
 


「原発事故とマスコミ報道」の講演が大盛況!USTREAMのナマ中継も多数が視聴!

 5月8日に武蔵小杉で開催された、松沢弘・反リストラ産経労委員長(元フジサンケイグループ論説委員)の「原発事故とマスコミ報道」(主催=市民連帯・神奈川)と題する講演会には、40人を大きく超える聴衆がつめかけ、立見がでるほどの盛況となった。ライブでネット中継されたUSTREAMも 430人が視聴、同時中継ランキングで一時、6位の高位につけるほど、大きな反響を呼んだ。

 松沢委員長は、経団連・エネルギー記者クラブ(東京電力などを担当)、通産省(現・経産省)記者クラブ、経団連・機械記者クラブ(日立製作所、東芝、三菱重工など原発メーカー等を担当)での取材経験をもとに、政治家、役人、電力会社、原発メーカー、マスコミの「抱合体制」を鋭く告発し、聴衆の関心を一気に引き寄せた。

 会場には、朝日新聞、北海道新聞の記者をはじめ、週刊金曜日のライターなどが取材に訪れ、元新聞労連委員長らも、松沢氏の話に聴き入っていた。レイバーネットの告知で、この講演会を知ったという人も多かった。

 聴衆は、40人を大きく超え、市民連帯・神奈川主催の講演会としては、過去最多を記録、立見もでるほどの状況だった。

 レイバーネット会員がUSTREAMで、講演の全プロセスをナマ中継し、430人の視聴者を集めた。同時中継ランキングでは、6位につける人気ぶりだった。講演参加者、USTREAM視聴者からは「本当に、聞いてよかった。実に勉強になった」「時間の関係で、後半の世界恐慌との関連がカットされたのが残念だ。別の機会を設けて聴かせてほしい」などの声が寄せられた。

 この講演は、以下をクリックすればその全部を聞くことができる。

http://www.ustream.tv/channel/cskanagawa

 フジテレビ、産経新聞を相手取った松沢委員長らの闘いは、以下のHPで、その詳細を知ることができる。
「フジテレビ・産経新聞の真相」

http://www006.upp.so-net.ne.jp/fujisankei/


Created by staff01. Last modified on 2011-05-09 16:43:11 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について