本文の先頭へ
LNJ Logo 札幌地域労組:自衛官セクハラ裁判、全面勝訴
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1280421164273st...
Status: published
View


札幌地域労組、鈴木です。
「主文、被告は原告に対し580万円を支払え」
裁判長の声が響いた瞬間、私の涙腺が緩んだ。

これは今から3年前、航空自衛隊の某基地に住
み込みで勤務する原職の女性自衛官(当事20歳)
が、上官から受けたセクハラ被害(性的暴行)につ
いて、国を訴えた全国初の裁判です。原告女性は、
周りを「敵」に囲まれたまま、この裁判を最後まで闘
い貫きました。基地の中では孤立させられても、基
地の外には頼もしい弁護団、そして心優しい支援者
がいたのです。労働組合もナショナルセンターの枠
を超えて支援しました。
そして本日(7/29)札幌地裁(橋詰均裁判長)は、
一般の民間企業のセクハラ問題に際してもリーディ
ングケースとなる、画期的な判決を下しました。

↓報告会
【判旨】 (1)セクハラの事実認定 Aは深夜、勤務場所で飲酒の上、内線電話で原告を 呼び出し、部屋が周囲から隔離された場所にあるこ と、階級の上下関係があるため心理的に原告が反 抗しにくいこと、を利用して原告を部屋に留まらせた 上、腕力で原告の抵抗を抑圧してセクハラ行為に及 んだ事実が認められる。合意に基づくとのAの弁解は 信用できない。
(2)事件後の不適切対応を違法と認定
(セクハラの二次被害を、より厳しく認定)
原告に対し女性自衛官同席での事情聴取がされな
かった結果、原告は男性上司に暴行の詳細を事細
かに説明することができず、その結果、本件部隊の
監督者はAの行為が深刻な性的暴行だったとまでは
認識しなかった。そのため、事件後の対処に適切さを
欠く結果となり仝狭陲心身の被害を回復できるよう
配慮すべき義務(被害配慮義務)、Aの性的暴行に
よって原告の勤務環境が不快なものとなっている状態
を改善すべき義務(環境調整義務)、性的被害を訴
える原告が職場の厄介者として疎んじられ不利益を受
けることがないよう配慮する義務、といった職場監督者
の義務が尽くされず、原告に対し退職を強要するなど
違法な処遇が行われた。
(3)慰謝料の支払い
Aの性的暴行に対しては慰謝料200万円、事後の違法
な処遇による苦痛に対しては慰謝料300万円と定める
のが相当である(さらに80万円を弁護士費用として認
め総額580万円を認定)。

弁護団のコメント
「裁判官は現場に足を運び、原告の気持ちになって事件
を想像し、血の通った判断をしてくれた。司法に、まだ正
義と希望があったと感じた。」

原告のコメント
「素晴らしい判決でとても嬉しい。私は3年3ヶ月前、原職
の航空自衛官として提訴しました。未だ誰も歩いたことの
無い道を歩くのは大変なことです。立ち止まりそうになった
時には、ここにいる弁護団や支援する会を始め、多くの人
達がいたからこそ、今日の判決を迎えることができました。
自衛隊においても人権が保障される方向に大きく変わって
欲しいと願っています。私を支えてくれた人たちに最上級の
感謝を伝えたいと思います」

北海道新聞(7・29夕刊)↓
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/243777.html
毎日新聞 速報↓
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100730k0000m040057000c.html

Created by staff01. Last modified on 2010-07-30 14:12:42 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について