本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜「被処分者の会」の声明
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1279767467566st...
Status: published
View


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」 
 ・「千葉高教組」・「新芽ML」
 の渡部です。 

本日(7月21日)、炎天下の中、
「再発防止研修抗議・該当者支援行動」が行われました。

今回の該当者は、この春の卒・入学式での
「君が代」不起立などの被処分者延べ7名のうち、
退職者を除く4名(戒告1名、減給3名。いずれも都立高教員)でした。

これに対し、早朝から都高教の組合員らが
会場近くの水道橋駅前で、
<都教委の「再発防止研修」に抗議する!>という
チラシを撒きました。

また、会場となった都教職員研修センター前には
50名以上の支援者が集まり、シュプレヒコールを繰り返し、
「都高教」と「被処分者の会」からは都教委に対する
抗議声明が読み上げられました。

「被処分者の会」の声明には、次のようなことも述べてありました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
「都教委はこれまで毎年『再発防止研修』をくり返してきたのみならず、
今回の『研修』実施に先立って減給処分を受けた教職員らに
『受講前報告書』の事前提出を義務付けている。

この内容は、
”務事故を起すに至った状況を振り返り、
          その原因・理由について記述する。
服務事故を起したときの気持ちはどのようであったか、
          その時の気持ちを記述する。
5した服務事故に対して、現在の気持ちや考えを記述する。
というもので、明らかに・・東京地裁決定(2004年7月)(*)
に反している。本件被処分者に対して上記の記述を強制することは
『思想・良心の自由』を侵害するものであり到底許されない。」
 
 (*)「繰り返し同一内容の研修を受けさせ、
    自己の非を認めさせようとするなど、
    公務員個人の内心の自由に踏み込み、
    著しい精神的苦痛を与える程度に至るものであれば、
    そのような研修や研修命令は合理的に許容される
    範囲を超えるものとして違憲違法の問題を生じる
    可能性があるといわなければならない。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・

「再発防止研修」は、以下の時間帯・内容でした。
(戒告処分者1名) 9時30分〜11時20分 
    ・全体研修(講義「地方公務員法」)と受講報告書作成
(減給者3名) 9時30分〜12時15分     
    ・全体研修(戒告者と同じ) 9時30分〜11時20分 
    ・個別研修(説諭・服務指導)と受講報告書作成
                       11時20分〜12時15分

しかしこれだけでは終わりません。
さらに、被処分者のいる学校の校長は、8月末に
「校内研修実施計画」(全体研修・グループ研修・個別研修の計画)
を都教委に提出することになっています。
また都教委は、10月までに、再発防止研修受講者全員の
「研修状況報告書」を提出するよう校長に求めています。
被処分者が出ると「学校全体の連帯責任」にし、
「みんなが迷惑する」仕組みを作っています。
これが集団的な思想統制、イジメの構図でなくて何でしょうか。

再発防止研修から出てきた<Iさん>は次のように述べました。

「名ばかりの研修だ。
講師は時間が来るまでノルマのように言うのみだ。
個別研修では質問をしても受け付けず、
『話を聞いて下さい』と言って形式的な資料の説明を続けた。
地公法について言えば、前のセンター長の近藤精一は
増田都子さんの件で個人情報を漏洩したことが
最高裁判所で断罪されたにもかかわらず、
都教委からは何らの処分もされず、
某大学で学生達に教えている。」

また<Tさん>は次のように述べました。

「支援者の方々に待っていて頂き嬉しい。
彼らは法令というが、
(職務命令・処分は違憲違法と断じた)『9・21判決』にも係らず
それを無視して強制・処分を続けた。
都教委の役人はみな『上か言われたから』とか
責任逃ればかりを言っている。
誰がどうこの責任を取るつもりなのか。
実際研修を受けさせられると、不愉快・苦痛だ。」

今回は7回目の抗議・支援行動でしたが、
私たちの「8・28都教委包囲行動」も7回目になります。
今回の新宿繁華街デモは、石原・都教委に
退場のレッドカードを突きつける
賑やかなデモにしたいと考えています。
当日は、鳴り物・プラカード・ゼッケン・横断幕など持ち寄って下さい。
26日夕方には新宿繁華街実地調査をします。

**********************************************::

<当面の「日・君」関係裁判などの予定>
         
7月26日(月) 義務制・米山さん 第7回裁判
          15:30〜  631号   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下は<上告審対策チーム>の取り組みです。
<各界共同アピール> 6月2日までに62名から応諾の回答
<最高裁あて署名活動> 10万筆目標
<全国集会> 8月20日 全国原告団学習交流会
          10月23日18:15〜 10・23集会 (星陵会館)
<100万円カンパ活動> 
=======================

『8・28都教委包囲行動』
(主催:都教委包囲首都圏ネットワーク)

<8月28日(土)> 
  ・14:00〜新宿駅周辺での街頭宣伝と署名活動
  ・15:00〜新宿繁華街デモ
  ・16:00〜都庁第二庁舎前抗議行動(都庁は休みですがやります)

<8月30日(月)>
  ・15:00〜都教委への要請行動(8月28日にも集約します)

(スローガン)
・10・23通達撤回! ・「君が代」処分撤回  ・裁判闘争に勝利しよう!
・分限免職を許すな! ・業績評価・成果主義反対!
・主幹・主任教諭制反対! ・石原は即刻辞任しろ!

*********************************************

都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス、
   http://kenken.cscblog.jp/

 「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
  http://homepage3.nifty.com/hinokimi


Created by staff01. Last modified on 2010-07-22 11:57:49 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について