本文の先頭へ
LNJ Logo 東部労組 : アイビイケイ支部安田組合員の労災裁判で勝利和解
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1228tobu
Status: published
View


全国一般東京東部労組の菅野です。
アイビイケイ支部安田組合員の労災損害賠償裁判で12/
27、勝利和解をかちとりました。
ご支援いただきましたみなさま、本当にありがとうございました!

================================

2010年12月27日
仲間のみなさま
全国一般労働組合全国協議会東京東部労働組合
執行委員長  菅野 存
同アイビイケイ支部
執行委員長  増保 良

アイビイケイ支部安田組合員労災損害賠償裁判
勝利和解のご報告と御礼

日頃のご奮闘に敬意を表します。

みなさまにご支援いただきましたアイビイケイ支部安田組合員の労災損害賠償請
求訴訟が12月27日、組合側の勝利的和解で解決いたしました。
和解の概要としては、
「会社は同様の労災事故が発生しないように従業員の安全管理に十分配慮するよ
う努力する」「被告は、原告(安田さん)に対し、労働者災害補償保険法、厚生
年金保険法、及び国民年金法に基づく過去及び将来の保険給付金及び年金給付と
は別に本件解決金を支払う義務があることを認める」というものです。

金額部分は非公開ですが、原告安田さんの請求額約4千万円に対して、今回の和
解では安田さんも納得のいく金額を解決金としてかちとることができました。

(株)アイビイケイ(ラーメン店フランチャイズ、麺製造)の石下工場に勤務し
ていた安田さんは2005年、麺の原料を延ばすローラーの清掃をしていたとこ
ろ、ローラーに指を巻き込まれ、左手の指3本を切断するという重大な労災事故
に被災しました。

女性の指3本切断という重大な労災にもかかわらず、会社は責任を取ろうとしま
せん。労災はもちろん認定されました。しかし、後遺症の残った安田さんに対し、
会社はわずかな「涙金」だけの見舞金で終わらせようとしました。そこで、安田
さんは東部労組アイビイケイ支部に加入、勇気をもって会社の安全配慮義務違反
の責任追及に立ち上がりました。

しかし、会社は組合との団体交渉でも「退職すれば120万円、復職するのであれ
ば20万円」という不誠実な対応に終始したのです。

そこで安田さんは、玉木弁護士、河弁護士を代理人に、2009年6月、損害
賠償請求の裁判を起こしたのです。公判の中でも会社は「事故の責任は安田さん
にある」との態度に終始してきましたが、今年8月以降、和解協議が続いていま
した。そして12月27日、冒頭の和解条項で勝利的和解をかちとったのです。

この安田さんの勝利は、職場で労災事故に被災した労働者にも希望を与えるもの
です。

安田さんは在職したまま、会社に対して、労災による補償とは別に、安全配慮義
務違反に対する損害賠償請求というかたちで会社に責任をとらせたのです。在職
中の労働者に対し、通常、会社は労災事故の労災補償をもって責任をまっとうし
たと認識しがちですが、労災とは別に、安全配慮義務違反に対する損害賠償の責
任を免れないのです。その意味で、今回の安田さんの勝利は画期的なものと言え
ます。

そしてまたこの勝利は、支部の団結の力でかちとった勝利であるとともに、この
間ご尽力いただいた玉木弁護士・河弁護士のお力、なにより連続的な本社前抗
議行動に駆けつけてくださった仲間のみなさんのご支援のもと、かちとった勝利
です。

ご声援いただいたみなさん、ご支援いただいたみなさん、本当にありがとうござ
いました。

以上

Created by staff01. Last modified on 2010-12-28 12:07:12 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について