本文の先頭へ
LNJ Logo 写真報告 : 高江にヘリパッドはいらない!〜連日座りこみつづく
Home 検索
 


米軍の沖縄北部訓練場の一部返還の条件として、東村高江(人口150人)の集落周辺にヘリパッド(ヘリコプター着陸帯)を建設するという計画に反対して、2007年から一日も休まず座り込みが続けられ、建設工事は阻止され続けている。

しかし沖縄防衛局は、中断している建設工事着工を7月にも再開するという意向を地元住民に一方的に伝え、1日「住民説明会」を開催した。

「説明会」は、これまで出された資料が再び出され、住民側からの「騒音の規模は?」「装備される機種は?」「ヘリコプターの飛行コースは?」などの質問に沖縄防衛局からの返答は、「わからない」「決まっていない」の答弁に終始し、「説明会」の内容には程遠いものであった。

高江では全国からの支援が寄せられ、連日の座り込みが続けられている。7月の工事着工を前に、さらに大きな支援が求められている。(湯本雅典)

沖縄タイムス記事

琉球新報記事

「やんばる、高江の現状」

↓建設予定地

↓座りこみテント

↓旗

↓米軍施設看板

↓佐久間努さん

↓伊佐真次さん

↓崎浜秀盛さん

動画(UnionTube)


Created by staff01. Last modified on 2010-02-08 16:26:58 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について