本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜半分勝利の「君が代不起立」再雇用拒否裁判
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1232464151801st...
Status: published
View


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」
 ・「千葉高教組」・「新芽ML」
 の渡部です。

昨日(1月19日)東京地裁は、
「君が代」不起立の元教員の再雇用拒否は違法とし、
都に約210万円の賠償命令を出しました。

判決では、「事情を一切顧みず、起立しなかったことを過大視した判断は、
合理性を著しく欠き、再雇用への期待を大きく損なった」と述べています。

しかし、他方で校長の「職務命令」については、
「教職員への特定の思想の強制や禁止には当たらず、
思想・信条の自由を保障した憲法を侵害するとはいえない」
と述べてもいます。

これは2008年2月に、同じ再雇用拒否をめぐる裁判で
東京地裁が出した判決と同様な内容となりました。

原告の申谷(さるたに)さん(当時都立南葛飾高校の定時制勤務)は、
「都のやり方にストップをかける意義がある。
現場で苦しんでいる教師にとって良かった」と述べる一方、
「教壇に立つことが目的なので裁判を続けたい」と述べ、
控訴する方針です。

また弁護士は「裁判に一定の成果はあったが、
都の職権乱用を認めるのであれば、再雇用を認めるべきだった」
と述べています。

都教育庁選考課は
「主張が一部認められなかったことは大変遺憾。
判決内容を詳細に確認して対応を検討していく」と述べています。

以上からも明らかなように、今回の判決では、
‥圓里笋衒が<違法>で異常であることが再度示されました。
△海譴賄圓僚菠行政に対する一定のブレーキの役割を果たすでしょう。
しかし他方、「職務命令」そのものは認めています。
い海譴蓮■横娃娃暁の予防訴訟「9・21難波判決」
 (「10・23通達」とそれに基づく「職務命令」「処分」は
 いずれも<違憲・違法>)より後退しています。

つまり、今回は又しても「半分勝利」ということで、
「勝利まではなお道半ば、私たちの闘いは続く」
と言えると思います。

しかし、現在東京では多くの人々が闘っています。
この後、多くの裁判が結審や判決を迎えます。
また、1月31日(土)夜には、
三鷹高校の土肥校長が都教委に公開討論を求める大集会が
杉並公会堂(JR荻窪駅下車徒歩7分)で開かれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・

ところで最近、教育行政が特に異常なところとして
<東の東京><西の大阪>などと言われます。
『2・8総決起集会』には、その大阪からも、
 嵜袈侈撹渉蠢幣拊帖廚諒、
◆嵌鸚亀教員大量雇い止め」に反対する方、
が参加し、発言してくれることになりました。

また、九州からも
「教員免許更新制」に反対している方の参加、
の連絡が入って来ています。

宮城からの発言もあります。

日教組が闘えない中で、
人々は下から闘いを作り出そうとしています。
2月に開かれる日教組全国教研では
昨年に引き続き今年も「自主教研」が開かれます。

*********************************************

           2009年『2・8総決起集会』

<日 時> 2009年2月8日(日)、12:30開場、13:00〜16:00
<場 所> 全電通会館(東京・神田駿河台3−6)
        JR御茶ノ水駅(聖橋側)徒歩5分
<資料代> 500円
<内 容> 基調報告
        報告並びに発言         
                    孱掘Γ隠喫限対応指針通知」撤回の闘い
         ◆孱隠亜Γ横劃銘痢彭渦鵝◆崙の丸・君が代」強反対の闘い
         2悪教育基本法の実働化反対の闘い
        集会決議・行動提起
   なお、私たちは全国各地の闘いも視野に入れた集会にしたい
   と考えておりますので、全国からの発言も期待しています。

 ********************************************

「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
   http://kenken.cscblog.jp/

 「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
  http://homepage3.nifty.com/hinokimi




Created by staff01. Last modified on 2009-01-21 00:09:13 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について