本文の先頭へ
LNJ Logo 朝日の「ガザ特集記事」〜遅いが重要な記事
Home 検索
 


佐々木です。

今日(1月17日)の朝日新聞朝刊に、”ガザ「報復」の裏に”と題する特集記事
(編集委員・川上泰徳)が掲載されました。(特集なのでWeb版には残念ながら
載っていません)

この間のイスラエルによるガザ攻撃の真相を探るという趣旨で、いままでマスメ
ディアがほとんど無視している問題点を取り上げています。

●停戦を破綻させたのはイスラエルだった。(最初にハマスの戦闘員6名を殺害
したのはイスラエルだった)
●イスラエルは昨夏から、周到な攻撃準備をすすめていた。
●イスラエルの攻撃は、民間人への攻撃を禁止したジュネーブ条約違反である。
●07年6月以降のイスラエルのガザ封鎖は、国際法違反である。
●封鎖により、ガザの70パーセントが日収が3ドル以下の極貧世帯に陥っている。

以上の点を述べた上で記事は「封鎖解除こそ和平の道である」と結論しています。

遅すぎる記事だとも思いますが、いずれにしても、この特集の意味は大きいとおもいます。

Created by staff01. Last modified on 2009-01-17 13:11:07 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について