本文の先頭へ
LNJ Logo 闘争態勢(気力・体力)は整ったぜ!〜中野勇人さん「国会マラソン」へ
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1021nakano
Status: published
View


南の国から 四国常駐記 NO.50

発行 国鉄闘争四国共闘会議 中野 勇人 2009.10.20
徳島県三好郡池田町字シマ867−1
TEL 0883ー72−4380 FAX同様 

                                   

闘争態勢(気力・体力)は整ったぜ!

 10月3日で四国に常駐して丸6年になりました。文才のない私が書き始めた常駐記も今回で50号になります。物寂しい秋の夜、常駐記を書きながらつくづく闘争の長さを感じています。この常駐記を積み重ねることなく早く勝利報告の最終号が書けるようにしなければなりません。

 8月30日の総選挙で政権交代が実現し、9月16日に鳩山連立政権がスタートしました。今年、2月16日、星陵会館で開催された集会に出席した当時、民主党の幹事長であった鳩山さんが首相になり、野党として出席した、社民党、国民新党が政権与党になったわけですから、政治的環境は整ったと思います。後は、私たち自らが運動で、政府に「雇用・年金・解決金」の解決要求をいかに決断させるかです。秋から年末にかけて、一人ひとりがそれぞれの23年の思いを込めて、闘いに力を出しきるかにかかっています。

 私も「道険笑歩癸隠掘廚琶鷙陲靴燭茲Δ法■隠鰻遑影(日)〜12月24日(木)まで、「国会前54日間連続フルマラソンアピール行動」を実施します。この行動のためにオルグの合間をぬって、6月から走り込みはじめ、9月には毎日20劼鯡槁犬冒り込みました。自画自賛になりますが、その甲斐あって、体脂肪率は10%を切り(少し絞りすぎました…)ただ絞れただけでなく、高校時代の頃のように、切れるからだに仕上がりました。いつでも戦闘態勢に入れます。

 54日間、毎日、国会前32周で1,728周。距離は約2,278劼任后9堝阿スタートしたら途中の中止はありません。中止するとすれば、私がダウンするか政府が解決の決断をするかです。恒例になりました、チェ・ゲバラの言葉を掲載します。ゲバラは、帝政ロシア時代の小説家、レス・トルストイの「戦争と平和」で書かれている「軍事科学においては兵力に勝る大軍ほど強い」という言葉に対しこう言っています。

 「実際の戦闘で最後に物をいうのは、1名の無名な兵士によって増幅される“隊の底力”である。この無名の兵士こそ隊の士気そのものであり、士気が高まるも萎えるも彼ら次第なのだ。士気を高め“なぜ戦うのか”をよく理解した兵士たちは、戦う相手が誰であれ、指揮官が軍事の天才であれ、並の人間であれ、武器がこん棒であれ、マシンガンであれ、違いはない。彼らのような兵士こそが戦闘を有利に導き勝利する!」

 一人ひとりの力は小さいですが、その小さな力をひとつひとつ繋ぎ合わせると大きな力になり、勝利を勝ち取れると確信します。

【日程】
・11月1日(日)〜12月24日(木)54日間連続 ※道険笑歩癸隠靴韮隠扱遑横尭〜スタートとなっていましたが、日程が変更になりました。10月26日〜31日までの間に、参加を予定されていた方はご注意下さい。

【コース】
・衆議院第二会館から国会南門、正門、北門を通る1周1.33辧複影32周)

【キャラバンの実施要項】
・ランニングのスピードは、1劭供腺景程度。雨・雪など天候にかかわらず実施 ・スタート時間は、毎日「衆議院第二議員会館前」9時〜(目標は6時間内)

【お願いしたいこと】
・伴走して下さる方(一緒に走ってみたいと思われる方、周回数にこだわりませんし、自転車でもOKです)
・集会・学習会等への参加依頼(期間中の宿泊場所は三鷹市です。都内で様々な集会を企画されている方々で交流してみたいと思われる方は声をかけてください。時間的に可能であれば、参加の方向で検討させて頂きます。)
・闘争支援カンパ(団体1口3,000円 個人1口1,000円) ・闘争資金として「人らしくフェスタin四国」のDVD販売もしています。    

【カンパ振込先】
 四国労働金庫池田支店 普通口座3160156 
 国鉄闘争四国共闘会議会計 中野勇人(なかのはやと)
 郵便振込<記号>016307<番号>55995 国鉄闘争支援四国共闘会議
 国鉄闘争「人らしくフェスタin四国」DVD販売

詳細は以下のページへ
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tomonigo/dantayori/sikoku/sikoku50.htm


Created by staff01. Last modified on 2009-10-21 18:18:24 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について