本文の先頭へ
LNJ Logo 辻井さんに10日間出勤停止!JRの扱いざまに怒り心頭!
Home 検索
 


辻井さんに10日間出勤停止!JRの扱いざまに、怒り心頭!

 9月29日、JR東日本でただひとり国労バッジをつけ続ける辻井義春さん(JR京浜東北線 本郷台駅勤務)に、2回目の10日間出勤停止が発令された。理由は、「服装の整正ができていないこと」と称したわずか1センチ四方の国労バッジ着用である。

 辻井さんはこの処分で月給10万円以上がカットされる(辻井さんの基本給は、24万7千円)。さらに、今年末の冬のボーナスが15%カットされる。

 処分発令書には、処分事由として「現場長から再三にわたる注意指導を無視して違反行為を継続し、これまで減給処分を3回、出勤停止処分17回を含む懲戒処分を受け、さきに平成20年10月31日の出勤停止処分を受けた以降においても、なんら改められておらず、強く反省を求めるため」と書かれてある。しかし、今年3月国土交通省に取水権を剥奪されたJR東日本の信濃川不正取水事件や、JR西日本によるJR福知山線脱線事故の報告書漏えい事件は一体どう説明がつくのだろうか?誰が見ても法令を無視しているのは、JR自身である。

 辻井さんは来年2月に退職を迎える。これまで、JRから「国労バッジをつけ続けるのなら、JR関連会社への再雇用はない」と恫喝されながらも、この7月ついに再雇用の契約を取り交わすことができた。今回の処分は最後の最後まで辻井さんの生活、命を奪い続けると言わんばかりの残酷な仕打ちである。しかし辻井さんは、労働委員会での闘い(中労委、神奈川地労委で継続中)をやりきり、再雇用後も労働委員会命令をJRに守らせるまで、「最高裁まででも」闘い続けると決意している。

--------------------------------------
11月9日(月)神奈川県労働委員会、辻井さんのバッジ事件の結審

時:午後4時

場所:神奈川県労働委員会(みなとみらい線 日本大通下車)

レイバー映画祭で上映された「国労バッジは はずせない!−辻井義春の闘い−」(27分)のDVDを1500円(送料別)で販売中。希望される方は、以下までどうぞ。(湯本雅典)

--------------------------------------
↓出勤停止抗議の「苦情申告」のためJR横浜支社に向かう辻井さん


Created by staff01. Last modified on 2009-10-01 02:04:56 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について