本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜映画「あきらめない」試写会
Home 検索
 


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」
・「千葉高教組」、・「新芽ML」
の渡部です。

本日(9月4日)、
(1)「解雇させない会」の都庁ビラまき
(2)河原井・根津さんのかかわる裁判二つ
(3)映画「あきらめない―続・君が代不起立」の試写会
(4)三鷹高校の土肥校長に対する事情聴取
などがありました。
うち、(3)と(4)について報告します。

映画「あきらめない」試写会には
60人が参加しました。

この映画は、前回の映画「君が代不起立」以降の
2007年度「君が代」解雇阻止闘争を描いたものでした。
また、都庁の都教委フロアにおける大衆的な闘いや
解雇阻止瞬間の根津さんの職場の校門前での様子などが、
生き生きと描かれています。
また、この映画の中にはこれらの闘いに参加した
新しい顔ぶれ(教員、保護者、市民、生徒)も出てきます。
この映画は、私達に、今なぜ君が代不起立で闘っているのか、
闘うことがいかに人々(教職員、生徒、保護者)の意識を変えていくのか、
を知らせてくれるとともに、
私達は今、「日の丸・君が代」強制に対し、
子ども達と自らのために何をしなければならないのか、
を問いかける映画にもなっています。

都教委は、7・15分限対応指針通知により、
新たな解雇処分攻撃をかけてきていますが、
この映画は、
その攻撃に対する新たな闘いの構築と発展のために、
大きな力になると思います。

11月7日(金)には、18:30より、
東京中野ゼロ小ホールにて、
「大上映会」が予定されています。

次に、三鷹高校校長の都教委による事情聴取についてです。

土肥校長の「服務事故報告書」が
都教委の西部支援センター所長から都教委に出され、
本日、土肥校長は都教委による事情聴取を受けました。

都教委の「服務事故」(守秘義務違反)とは、
土肥校長が、8月4日の記者会見で
「都教委(センター)は業績評価のCDを20%以上
つけるように校長を指導している。」
という趣旨の発言をしたことを指しています。

しかし土肥校長は、
・守秘義務違反とは思っていない。
・業績評価実施要領では、絶対評価が明記してあるにもかかわらず、
 都教委人事部が相対評価を校長に指導している。
・これは人事部が地公法に違反している。
・公務員(人事部)の法令違反を国民に公開することは、
 国民の知る権利の保障・公務員の義務。
と述べています。

土肥校長のやっていることは
「内部告発」以外の何物でもありません。
それを「守秘義務違反」で処分しようとするのは、
いかに自分達が公にされては困ることをやっているか、
ということを都教委は自己暴露しているのです。

なお、都教委は教員採用試験において
その結果発表前に、
口利きをした議員らに結果を知らせています。
(これこそ守秘義務違反)

全国各地から、以下のところへ抗議の声を寄せて下さい。
(7・15通知の不当性、
 三鷹高校校長への事情聴取の不当性、について)

都教委人事部服務係(処分担当):03-5320-6792 
都教委総務部教育情報課(苦情受付担当) 
   電話 03-5320-6733 FAX 03-5388-1726

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
  http://kenken.cscblog.jp/

「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
 http://homepage3.nifty.com/hinokimi/


Created by staff01. Last modified on 2008-09-05 12:40:22 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について