本文の先頭へ
LNJ Logo 仏・声なき者のネットワークNOVOX声明
Home 検索
 


声なき者のネットワークNOVOX声明
2008年7月7日豊浦にて

グローバル・ガバナンスの最前線日本

表現の自由の規制、逮捕、入国不許可、労働組合員のG8抗議への参加妨害・・・
日本の警察は新自由主義的なグローバリゼーションのよき番犬である。

NOVOXフランスのメンバー3人は6月28日に日本のNOVOXとともにG8抗議行動に参加
するために来日した。到着以来、東京、大阪、札幌でG8に抗議するデモに4度に
わたって参加した。

NOVOXネットワークは、日本におけるデモの自由の規制に対して抗議する。日本
政府はデモ参加者に3メートルの幅しか許可せず、私たちが横断幕を広げること
すら認めなかった。過去十数年間の間に、社会運動による闘いは継続的に続けら
れてきたにもかかわらず、警察権力によって市民の自由な表現の空間は劇的に減
らされてきた。日本の活動家たちは、警察の恣意的な権力の行使によって残され
た表現の自由の空間までも根こそぎにされることを危惧している。

しかしこうした状況は、日本が特殊事例であるどころか、グローバル・ガバナン
スの最前線にあるといえる。あらゆる議会民主主義国家は、同様に日本のあとに
続いていこうとしている。有名無実のデモの自由は、「グローバル・ガバナン
ス」が市民に押し付けようとしている参加の形態の様式に他ならない。グローバ
ル企業の理事会と化したG8は、世界中のグローバル・ビジネスの株主に従属させ
られており、デモが交通を妨害しないために3メートルの一車線を越えてはなら
ないと決められているがごとく、表現の自由は、市場経済を妨害しない程度でし
か認められていない。

こうした状況下で2008年7月5日、札幌のデモにおいて、参加者は規制された境界
線を越えて、表現の自由に与えられた空間を許可されていた範囲の 2倍にまで広
げた。結果としてサウンド者のDJと運転手の3人が逮捕され、車とスピーカーは
押収された。NOVOXネットワークは、「デモの規制に違反し」「公務執行妨害」
したという名目で逮捕された仲間を即時解放することを要求する。この3人の逮
捕は、日本において、表現の自由が名目だけは保ちながら、事実上禁止されたこ
とを意味している。

またNOVOXは韓国の労働組合員の入国に対する日本政府の規制に対しても強く抗
議する。さらにケニヤの民衆運動のメンバーへのビザの発行を遅らせて、G8への
抗議参加を不可能にしたことも許し難いこととして抗議する。

私たちは日本の運動団体、とりわけ自由な空間を取り戻すために闘う日雇い労働
者やフリーターに代表される持たざる者たちを支持する。日本で起きていること
が、他の「民主主義」国家の模範例にならないためにも、私たちは表現の自由の
ために闘う仲間たちと連帯する。


Created by staff01. Last modified on 2008-07-11 10:21:20 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について