本文の先頭へ
LNJ Logo あなたも3分ビデオが作れる〜MediR講座受講者募集中
Home 検索
 


メディアはプロだけのもの? 6月、東京・高田馬場に「市民メディアセンター・MediR」が誕生します。機材完備の新スペースで、市民・労働者の発信力を高めようと、メディア講座5コースが開催されますが、そのメイン講座は「あなたも作れる短編ビデオ−3分ビデオ入門編」で、レイバーネットの松原明・土屋トカチの両氏が講師。レイバーネットとの連携企画で3分ビデオ制作者の輪を拡げたいという狙いもあります。ただいま、受講生募集中。ぜひ、あなたも参加しましょう。
――――――――――――――――――――――
以下は、「あなたも作れる短編ビデオ−3分ビデオ入門編」の講座案内。ほかのコース「実践ーオルタナティブメディア」(講師=下村健一さんほか)「社会運動とメディア」(山口正紀さんほか)「新しいメディアリテラシー」(野中章弘さんほか)「わたしたちだから発信できること」(ガブリエレ・ハードさんほか)の全講座詳細は、メディアールのホームページをご覧ください。→http://medir.jp

――――――――――――――――――――――
月曜講座 「あなたも作れる短編ビデオ ‐3分ビデオ入門編‐」 ―撮影、編集、公開― 
目的 ・撮影から公開までに必要な基本的な技術を身につける
   ・1人でもトータルにこなせるようにする。
   ・取材・報道の基本姿勢をまなぶ
回数  4ヶ月全8回 2008年6月〜9月
受講料 15000円
定員  15名
日時  隔週月曜日:19:00-21:00 
    ※7/21(月・祝)と8/31(日)のみ昼間から
対象 映像で伝えたいことがあって表現、発信技術を学びたい/もう少し高めたい人におすすめです
★6/9 「イントロダクション なにを伝えるためにつくるのか」
  ・参加者、講師の自己紹介・ビデオの仕組みを知ろう
  ・映像の組み立てを知ろう・・・TV番組などからショットの基本的構造を分析する
★6/23 「撮影の基本 その1」(カメラをお持ちの方は持参してください!)
  ・基本的撮影技術を学ぶ。カメラを自分のものにしよう *実際の3分ビデオから学ぼう
★7/7 「撮影の基本 その2」音声収録とマニュアル操作
  ・撮影の半分は音です。音声収録を中心に基本的撮影技術を学ぼう
  ・最低限必要なマニュアル操作について解説します 
  *実際の3分ビデオから学ぼう
★7/21(祝)「実際に撮ってみよう」   
  ・教室の外に出て街頭インタビューor集会イベントを撮ろう
  ・取材のポイントを学ぼう
★8/4 「編集の基本」
  ・撮ってきた映像素材の整理〜構成〜取り込み〜編集〜エンコードまでのポイントの実技講座 
  *実際の3分ビデオから学ぼう
★8/18 「公開の方法」
  ・上映会で公開するには?(プロジェクターの使い方)
  ・ユニオンチューブ(orユーチューブ)にアップロードするには?
  ・肖像権、著作権についての解説
★8/31(日)1日中「実際に3分ビデオをつくってみよう」
  ・1日で1つ作品を作ってみる(個人でも、グループでも)
  ・撮影・編集・仕上げのポイントを学ぼう
★9/15(祝)「作品発表! 上映トーク@Café」
  ・それぞれの完成作品をみんなで見て、批評、自己評価しよう!

講師
・松原明:ビデオプレス代表
1989年、自主制作ビデオプロダクション「ビデオプレス」を設立。
人権・環境などをテーマに制作活動を続けている。
2000年に「人らしく生きよう‐国労冬物語」(劇場公開)、
2006年に「君が代不起立」を発表し、全国上映運動を展開した。
自主メディアのネットワークづくりを手がけ、民衆のメディア連絡会・VIDEOACT!の設立に参加。現在は、レイバーネット日本の副代表を務め、ネット報道やユニオンチューブの運営に関わっている。    
・土屋トカチ:フリーランス映像ディレクター
71年京都府生まれ。龍谷大学法学部卒。
書店員、工場勤務等を経て、00年某映像制作会社に就職。現在、映像グループ・ローポジション所属
監督作品「たのしき われらが楽生院」(06年)、「フツーの仕事がしたい」(08年)。
※撮影と編集の基礎の回では、講義の最後に3分映像を実際に観て、制作者にゲストで来てもらうことも。
※テキストは「ビデオカメラでいこう 〜ゼロから始めるドキュメンタリー制作〜」(白石草著2008)と、講師作成資料を使用します
――――――――――――――――――――――
→申込みは、ホームページ http://medir.jp
 電話03-6382-9646
 メール office@medir.jp
東京都新宿区高田馬場2-7-11-101 市民メディアセンター・MediR

Created by staff01. Last modified on 2008-05-09 13:22:21 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について