本文の先頭へ
LNJ Logo 緊急声明第2弾〜労働契約法 NO ! の行動を起こそう
Home 検索
 


みなさま、なんとか、参議院までも今週中に可決することは、
なくなったものの自民・民主が修正案合意をしたために、
参議院可決の見通しになってしまいました。
そこで、民主党を中心に下記のような内容を参考にしてFAXを議員に
今日から、いっせいに送って下さい。
下記のものに付け加えることも出来ます。
数が勝負です。ゆとりのある人は、このほかにも
参議院議員全員に送って下さい。

厚生労働委員名簿とFAX番号
             http://files.acw2.org/kokkai.xls

抗議文 見本 
http://files.acw2.org/kinkyu2.doc 

緊急声明 第2弾 労働契約法NO !労度基準法・労働組合を強化を
秋の国会キャンペーン実行委員会                     
     2007年11月7日

パートや派遣、若者や女性の意見も聞かないで
勝手に労働契約法の新設するのは、やめにしてください。
働く人たちの声に耳を傾けない自民党・公明党・民主党が嫌いになってしまいま
す。
衆議院議員 各位
参議院議員 各位

11月7日、衆議院厚生労働委員会で労働基準法改正を除いて最低賃金法・労働契
約法が自民・民主の合意の修正案で可決されました。私たちは、先の参議院選挙
で与野党が逆転し、ようやく強行採決に歯止めがかかり民主主義の原則に帰り、
労働契約法についても強行審議されることはないと信じておりました。ところが
、文言に「均衡処遇の考慮」「仕事と生活の調和の配慮」などの文言を入れ一部
修正したのみで修正案可決されたことに強い怒りをもって抗議いたします。

現在、日本の雇用環境は悪化の一途です。正社員より非正規雇用が増大し労働条
件の不利益変更が後を絶ちません。私たちが、現実の日々の労働相談で実感して
いることは、就業規則で労働条件の不利益変更をされるケースが増大しているこ
とです。
就業規則は使用者が一方的に作成し労働基準監督署に、過半数代表もしくは労働
組合の意見を聴いて届ける制度となっています。労働基準監督署は、過半数代表
選挙が民主的にやられているか、就業規則の周知徹底が本当になされているのか
、きちんと指導しているとは言いがたい現状です。これだけ、労働相談が多いの
に監督官の数は増えていません。
また、個別紛争処理機関も、強制力がないために使用者と論点が一致できないと
きは、まったく解決できず、形式的処理をしている現実で役にたっていません。
それどころか、労働局には強制力がないので解決しなくてもよいと使用者に指導
する悪質な弁護士や社会保険労務士が労使紛争に介入して金儲けの道具にすらし
ています。

ほとんどの企業では、労働組合もなく、非正規雇用労働者が、過半数以上いるの
に従業員代表にもなれず労働組合の中心的役員にもなれない現状です。
こうした現状を、踏まえれば就業規則に納得できなくても、それを認めなくては
職に就くこともできず、不利益変更にも多数決で決められてしまえば、少数の意
見は合理性がないということになりかねませんし、今現在でも、そのようにして
労働条件の不利益変更がされているのです。今は、個人加入ユニオンの力で、会
社の不利益変更を跳ね返していますが、この法律が、採択されると、労使対等原
則は完全に崩れてしまいます。

小さなユニオンの努力で企業の脱法行為に歯止めをかけてきたこともできなくな
ってしまいます。
残業代を支払いたくないために企業が過半数代表制度を悪用し労働時間はそのま
まなのに変形労働時間制を導入して残業支払いをしない企業も数多くあるのです
。育児休業の除外協定を多数労組が結んで育児休業を取れなかった契約社員もい
ます。例を挙げればきりがないほどです。
どうか、現場の声なき声に耳を傾けて下さい。労働契約法を国民の意見も十分聞
かず今国会で賛成した国会議員には私たちは、次の総選挙で不信任を突きつけざ
るを得ません。参議院では廃案にするよう強く要望します。


(私の一言)


労働契約法NO! 労働基準法・労働組合法の強化を!
秋の国会キャンペーン実行委員会 賛同人 
現在10月31日  賛同人 団体20団体 84名

 働く女性の全国センター  北海道ウィメンズユニオン 
 札幌地域労働組合  ウィメンズサポート“結”  労働組合 おおだてユニ
オン 
 女性ユニオンぷらす  女性ユニオン東京  全国一般全国協議会東京東部労
働組合
ふぇみん婦人民主クラブ  女性ユニオン名古屋 女のユニオンにいがた  
女のスペースながおか アジア女性資料センター  I女性会議神奈川県本部 
 遠州労働者連帯ユニオン  おんな労働組合関西  連帯ユニオン近畿地方本
部 
 ワ−キングウィメンズとやま  ワーキングウィメンズヴォイス 食のいろは

個人 アイウエオ順

 合場敬子 赤石千衣子 安部宝根 石橋弘子 石原豊子 伊藤みどり  遠藤
智子 遠藤礼子 太田公典 太田久美子 大竹斎子 大竹香奈子  奥山たえこ
 尾澤邦子 荻野茂子 海妻径子  川渕千晶 岸伸子 北浦教子 加藤由美子
 金森順子 木越陽子  菊池弘子 菊池夏野  黒澤清美 近藤恵子 小山洋子
 伍賀偕子  国沢静子 越堂静子  齋藤智恵子 佐藤斎華 佐崎和子 佐々木
有美 角田三佳   小磯妙子  鈴木一  周藤由美子 嶋川まき子 高木真
紀子 田中かず子  但馬けい子  谷恵子 時永裕子  高木澄子  中野布
佐子 中野謙司  丹羽雅代 丹生秀子 橋野高明 晴山一穂  坂喜代子  
東山翠  東山薫  広木道子 平川和子 平川景子 藤澤眞砂子  藤井豊味
  本間節子  松原明 松元千枝 宮諒子 村井恵子 望月すみ江  矢谷康
子  屋嘉比ふみ子 山野和子 山崎菊乃 湯浅誠 渡辺浩
 その他 匿名 N・K/ Y・M/ N・A/ T・T/ A・O/I・Y / T・M /I・K/T・K/
 M・K/N・H Y・K.T・k

実行委員会 連絡先

働く女性の全国センター事務局
東京都渋谷区代々木1−19−7横山ビル1F
電話03-5304-7383 FAX03-5304-7379 Eメール office@acw2.org

働く女性の全国センター(ACW2)事務局  伊藤みどり

連絡先 151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-7横山ビル
    専用電話 03-5304-7383 fax03-5304-7379
メール  acw2ml@yahoo.co.jp   
URL    http://acw2.org/

Created by staff01. Last modified on 2007-11-08 11:10:32 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について