本文の先頭へ
LNJ Logo フランス事情〜新しい移民法をめぐって
Home 検索
 


小山帥人@リヨンです。

フランスでは、新しい移民法についての論議が行われています。移民を規制するため、家族を呼び寄せるときに、親 子関係確認のDNA検査を義務づけ、ホームレス収容施設に、滞在許可のないものは入れないなどの提案が行われました。収容問題については、フランスの冬は厳しく、人道問題だとして撤回されましたが、DNA検査についての条項は残り、来週の議会で議論さ れます。

週刊誌「シャルリ・エブド」はDNA検査反対のキャンペーンを始め、「遺伝子を国家の管理のために使うな」という署名は、与野党の政治家や科学者の他、イザベル・アジャーニ、ジャンヌ・モロー、ミシェル・ピコリなどの俳優も加わり、すでに20万人分が集まりました。

昨日20日、「外国人と連帯する日」にフランス各地で、新しい移民法に反対するデモがありました。リヨンでは「ノンノンノン、追放!、ウイウイウイ、滞在許可!」というシュプレヒコールをしながら、およそ2千人が繁華街を行進しました(写真)。

18日には、12年ぶりの大規模なストライキがあり、各地の交通がマヒしました。公務員の年金加入期間を37年半から、40年間に延長する政府の方針に反対するストです。セシリア夫人との離婚が公表され、支持率も下降気味のサルコジ大統領は、野党勢力の対決の秋を迎えます。


Created by staff01. Last modified on 2007-10-22 14:35:14 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について