本文の先頭へ
LNJ Logo 9条改憲阻止! 私たちに何ができるか? 8.26討論集会の報告
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 9josympo
Status: published
View


 10.21 9条改憲阻止デモ(第2波)を決める

 8月26日、東京の社会文化会館で「9条改憲阻止! 私たちに何ができるか? 8.26討論集会」が開かれた。今年の6月15日に国会デモを行った1960年の安保改訂阻止国会デモを闘った当時の全学連の人々が、「6・15デモに続き」9条改憲阻止のための討論会である。およそ50人が集まって、小泉に代わって安部政権が誕生し、憲法改悪が一層差し迫っている情勢で、自分たちが何ができるのか、何をすべきなのかを議論した。そして、次の方針として10・21 9条改憲阻止デモ(第2波)を提起した。

 最首悟(和光大)さんが司会をし、3時間あまり活発に討論した。小川登(世話人代表)さんが以下の方針提起を行った。「小泉は々駝嬰衂舎 ↓∨姫卍昇格法、6λ添疔 ↓ざ軌藉靄榾,痢悖完法』を安部に押し付けた。9月からの臨時国会を延長させず、廃案とせねばならない。10・21デモの目的はそこにある。『憲法の全面改正』を振りかざす安部内閣の出鼻を挫かねばならない」。

 出された意見を抜粋すると、●日米安保破棄、自衛隊解散を明記すべきだ、●憲法1条こそ現憲法の癌である、●9条を世界的価値として広げる、●9条は世界への日本の謝罪文だ、●他組織や子供たちに呼びかける文章を作る、●アジア人民との連帯、●小泉、安部の変革は破局への道だ、など。 最後に10・21デモに向けて実行委員会の発足を決めた。また10.21以後改めて大討論会を開催することも決めた。

 9条改憲阻止の会/東京都新宿区四谷4-23 第1富士川ビル302イメージユニオン TEL 03-5368-8196

[写真] 左・小川登氏(代表世話人)さんと右・最首悟(司会)さん

 (報告と写真:高幣真公)

Created by takaheims. Last modified on 2006-08-27 13:39:50 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について