本文の先頭へ
LNJ Logo トンネルじん肺訴訟、東京地裁が国の責任を断罪
Home 検索
 


7月7日午前、東京地裁・芝田裁判長は、じん肺拡大の責任が国にあったことを認め、6930万円の損害賠償を命じた判決を下した。この日、元トンネル労働者や支援者など約350名が集まって判決を見守った。「勝訴」が報じられると、地裁前では何度も喜びの「万歳」の声があがった。原告団は、国に控訴をさせないための運動をただちに取り組む方針だ。(M)

写真提供 : ビデオプレス


Created by staff01 and Staff. Last modified on 2006-07-08 01:47:59 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について