本文の先頭へ
LNJ Logo アスベスト裁判つづき
Home 検索
 


日本エタニットパイプ分会・村上博子

「アスベスト裁判」の続きです。  まず事実を把握せねばならないので、会社の虚偽の中皮腫死亡者数公表 について7/22団交で追求。感想として、アスベスト起因性を明らかにする中皮腫、 石綿肺という病名は、アスベスト資本に不利益な「階級的病名」であり、塵肺一 般に解消すれば不利益度が軽減されるかのようであった。こういう姿勢がいつま でもアスベストの正体をボカシ善処されない一因であろう。現在最高裁係属中の アスベスト家庭曝露災害訴訟については、会社は最高裁判断には従うというので あるから、最高裁は企業に期待されてたいへんなものである。

7/27、最高裁前朝ビラ配布。連日のアスベスト報道で、この日もカメラとインタビューに追われる。 (写真は原告妻と高二の長男) その後、12名で最高裁へ請願に入る。アスベス ト被害の救済の遅れの一端は、労働者被害でなければ(当該企業の場合)困難な 裁判をするしかなく、してもこのようになすべき肝心の病名確定すら遅らせてい る裁判所にあるといわざるを得ない。肺ガンであればアスベストが原因とはまだ いえず、提訴が成立せず。国際的に恥ずかしくない司法判断を望むという参加者 の発言に励まされつつ、棄却という暴挙のないことを望む。


パンフレット「アスベスト 恐怖の歴史」

・価格1,000円+送料実費
 海外のアスベスト二次災害研究論文の翻訳で既に裁判所に書証として提出済み。

・注文先
 FAX 0492-94-8376 あるいは  メール bv5h-mrkm@asahi-net.or.jp
 全労協全国一般東京労働組合日本エタニットパイプ分会まで。  現物に同封する請求書により、お振込み下さい。  


Created byStaff. Created on 2005-07-29 11:44:27 / Last modified on 2005-09-05 03:00:34 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について